神奈川区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する 齋田 博樹さん 三枚町在住 46歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

生産者と消費者を橋渡し

 ○…「横浜は多品目栽培が特徴。中には10種類以上の野菜を出荷する生産者もいる」。約60人の登録者が旬の野菜を出荷しているJA横浜直営直売所「メルカートかながわ」で3月3日、「ひなまつりイベント」を開催する。「地域の人に、『メルカートかながわ』を通じて横浜野菜の素晴らしさを知ってもらいたい」と意気込む。

 ○…金沢区にある柴漁港の近くで生まれ育った。祖父は漁師。父も電気工事業を始めるまで船に乗っていた。「今でも海苔を収穫している写真が残っているよ」。みかん畑を手伝うこともあり、幼いころから「農協」は身近な存在だった。「三兄弟の長男として家業を継ごう」と東京電機大学工学部へ進学した。

 ○…大学では精密機械の分野を研究していたが、「八景島のアルバイト仲間と過ごす方が楽しかった」。バイト終わりは決まってボウリング。景品でマイボールも手に入れた。最高スコアは239とプロ並みの腕前を誇る。就職先は先輩を追うように飲料メーカーへ。「手先が器用じゃなくて製図が苦手だった」と方向転換。営業職として社会人デビューを果たした。

 ○…「バブル崩壊後の営業活動は厳しかった」。遅くまで働く姿を心配した母の勧めもあり転職を決意。外回りや配送センター務めを経て、2年前に直売所の店長に就任した。「地域の方に温かく迎えてもらい、どこへいってもお茶とお菓子がでてくる。おかげで20kgも太った」と笑う。

 ○…同僚だった妻との共通の趣味は「巨人軍」。2軍も含めて年間30試合は観戦するG党だ。先日、念願かなって宮崎キャンプへ。「色紙22枚、ボール8個にサインしてもらった」と興奮気味に土産話を披露する一面も。店長として生産者と消費者をつなげる「橋渡し役」を自負。「年間イベントを増やし、もっと直売所をPRしていきたい」。熱くなるとまい進するタイプ。その手腕に注目だ。

神奈川区版の人物風土記最新6

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

市内在勤 51歳

11月26日号

桜井 大地さん

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する

桜井 大地さん

六角橋在住 21歳

11月19日号

島崎 和久さん

羽沢小学校PTA会長で、50周年実行委員長を務める

島崎 和久さん

羽沢町在住 49歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

白石 洋子さん

記念事業実行委員長として、西寺尾小学校の創立70周年記念式典の企画運営を務める

白石 洋子さん

神之木台在住 50歳

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク