神奈川区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

子安小が新校舎に 関係者で開校祝う

教育

新校舎の外観
新校舎の外観
 横浜市立子安小学校(宮生和郎校長)の新校舎開校式が4月4日、同校体育館で開催された。

 式典には新6年生児童のほか、高田靖区長や地元選出の議員など多くの関係者が駆け付けた。

 伊東英紀実行委員長は「日本一の校舎ができたと思う。146年目のスタートとして新しい歴史を作ってほしい」とあいさつ。児童代表として西岡友里さんは「伝統あるバトンを受け取り未来へつないでいきたい」と抱負を述べた。

児童増加が契機

 子安エリアは近年、大型マンションが次々と建設され、同校に通う児童数は増加傾向にあった。教室数は足らなくなり、学校敷地内にプレハブ校舎を建てて授業を行い、昼休みには学年交代制で校庭を開放するほどの状況だった。

 そこで市は3年前に旧日産グランドに移転先を決め、整備を進めてきた。敷地はこれまでの約1・5倍、4階建ての新校舎は「安心」「安全」「快適」をコンセプトに、多くの光が差し込む設計となっている。旧校舎からは、大正期の日本ステンドグラスのパイオニア・小川三知氏の作品を職員玄関正面に移設した。

 宮生校長は「伝統のバトンを具現化して、素晴らしい子安小学校を作ってほしい」と6年生に呼びかけ、「皆さまと共に輝かしい未来を作っていきたい」と宣言した。

移設されたステンドグラスと「光の庭」
移設されたステンドグラスと「光の庭」

神奈川区版のローカルニュース最新6件

7月15日商店街プロレス第2戦

反町公園で午後5時から試合開始 観戦無料

https://www.facebook.com/tanmachi.shotengai/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ選手テーマに写真展

区文化協会

パラ選手テーマに写真展

7月17日から区役所で

7月17日~7月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • お噺のお話

    落語こらむ

    お噺のお話

    二十四席目「お菊の皿」

    7月12日号

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク