神奈川区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

市政報告 横浜大空襲、まだ73年 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 終戦から2・5カ月前の1945年5月29日、横浜の中心地は、米軍のB―29爆撃機517機とP―51戦闘機101機による空襲で、火の海となりました。

 この無差別爆撃で、八千人とも一万人ともいわれる犠牲者が出ました。亡くなられた方々には、それぞれのくらしや夢があったかと思うと、胸が苦しくなります。しかし、100年も前の話しではありません。まだ、73年しか経っていません。

 この73年間、日本は、戦争でどこの国の人も殺すことなく、どこの国の人にも殺されることはありませんでした。それは、第二次世界大戦で、アジアの人々2千万人、日本人310万人の犠牲の上につくられた『憲法9条』があったからです。

 憲法9条には、武器を持たない。戦争しないと書いてあります。

 日本は、戦争しない国として国際社会から一目置かれ、信頼を築いてきただけでなく、自衛隊員や海外で働くみなさんの命を守るという大きな役割を果たしています。

 だからこそ、憲法9条は「世界の宝」として、子どもたちやさらに次の世代にもしっかりと手渡さなければならないと、横浜大空襲の月にあらためて思いました。

世界の平和に貢献する横浜へ

 日本共産党横浜市会議員団は、第1回市会定例会で、議案提案権を行使し『横浜市平和事業の推進に関する条例』を提出しました。この条例案は、継続審議となり、6月5日の本会議で賛否が決まる予定です。

 この条例案は、第1条で「横浜市会の平和都市に関する決議の趣旨を踏まえ、横浜市の平和行政の基本原則及び平和事業の推進について定め、もって市民の平和で安全な生活維持向上に資することを目的とする」としました。

 横浜市会は、1970年に平和都市宣言、1984年に非核兵器平和都市宣言と二つの決議をあげています。地方自治体として、住民の命と財産を守る立場に立つことと、国際都市としての役割を果たすためにも、横浜市は世界平和に積極的に貢献するべきだと考えます。

 今定例会には、他会派からも国際平和の推進に関する条例が提出されています。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

「防災・減災」を社会の主流に

市政報告

「防災・減災」を社会の主流に

横浜市会議員 竹内やすひろ

11月28日号

カジノ誘致を勝手に決めないで

カジノ誘致を勝手に決めないで

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

11月7日号

幼児教育・保育の無償化へ

市会レポート

幼児教育・保育の無償化へ

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

9月26日号

平和をいつまでも

市政報告

平和をいつまでも

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

8月15日号

初の県議会を終えて

県政報告

初の県議会を終えて

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

7月18日号

通学路の安全対策に責任を

市政報告

通学路の安全対策に責任を

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

7月11日号

アフリカ開発会議の横浜開催

市会レポート

アフリカ開発会議の横浜開催

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

7月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク