神奈川区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

泉町在住大関さん 「横浜大空襲」語る 73年前、九死に一生

社会

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える大関さん
インタビューに答える大関さん

 1945年5月29日に起きた「横浜大空襲」を後世に伝えるため、本紙は約6800人という市内最大規模の死傷者が出た神奈川区内で空襲に遭った、大関美代子さん(89)=泉町在住=にインタビューを実施した。大関さんは「戦争は全てを失うものだ」と警鐘を鳴らす。

 市内の民間企業の社宅に住んでいた大関さん。幼いころは、日本と満州の国旗を手に戦果を祝う「旗行列」をするのが日課だった。「戦況が悪化するまでは、静かな暮らしぶりだった。アメリカと戦争すると聞いても驚かなかった。今思えば軍の刷り込み教育だったと思う」と当時を振り返る。

 太平洋戦争が始まった1941(昭和16)年、山手にあった女学校に入学した。「窓から海が見える高台にあって、帰りは元町に繰り出したものよ」と思い出を語る。本来は5年間で卒業する予定だったが、特措法により急きょ4年に。「私たちだけ卒業証書ではなく、修了証書だった」

青木橋で「敵来襲」

 大関さんはその後、運輸省東京鉄道局に就職し、現在の県立湘南高校へ避難していた部署に勤務。横浜大空襲当日は、六角橋の耳鼻科へ寄ってから仕事場へ行く予定だった。「市電に乗っていたら、青木橋あたりで『警戒警報』が『空襲警報』に。ついには『敵来襲、退避せよ』の指示となってパニックになったが、とにかく職場を目指した」

 防空壕に避難する人を横目に、命からがら横浜駅まで辿り着いた。そこから東海道線の臨時列車に飛び乗った。「少しでも遅れていたら危なかった」と九死に一生を得た。藤沢から横浜方面を見ると、昼なのに真っ黒。その光景が今でも脳裏に焼き付いている。

 終戦間もなく横浜駅前へ。「あまりの変貌ぶりに言葉が出なかった。戦争は全てを失うものだと、何で気が付かなかったのだろう」。今後も当時の教訓を語り継いでいくつもりだという。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

「偽造」見抜き逮捕貢献

横浜銀行大口支店職員

「偽造」見抜き逮捕貢献 社会

免許証「光の反射に違和感」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

大賞に精華小の大澤さん

鎌倉文学館こども文学賞

大賞に精華小の大澤さん 文化

夏の思い出、独創的な詩に

11月19日号

積小為大、栄誉の受章

秋の褒章

積小為大、栄誉の受章 文化

黄綬の2人「支えあってこそ」

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク