神奈川区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

落語こらむ お噺のお話 二十三席目「たいこ腹」

 先月、高島台の「しぇあひるずヨコハマ」で開催されたイベントで落語を演りました。出演者は音楽家の方々が中心で、芸人との出番が多い私としては新鮮な会でした。お客様を笑わせたいという気持ちは音楽家も落語家も同じ。勉強させて頂きました。幇間(ほうかん)という職があります。太鼓持ちとも呼ばれます。宴席を盛り上げる芸人の事ですが、現在の「太鼓持ち」という言葉のイメージから、只のお調子者と思われていたりします。しかし幇間とは、歌舞音曲は勿論、物真似、声色等、多芸を操り、滑稽にみせて客を楽しませる芸人の事。言うなれば芸人界のオールラウンドプレーヤー。現在、幇間は数名しかおらず絶滅寸前と言われておりますが、落語の噺にはよく登場します。

 落語こらむ『お噺のお話』二十三席目は「たいこ腹」。道楽者の若旦那、新しい趣味をと鍼(はり)を始める。素人がすぐに出来る事じゃァないが、人間に鍼をうってみたくなる。馴染みのお茶屋に幇間の一八を呼び出し「鍼をうたせろ」。最初は抵抗していた一八も金に目がくらみ鍼をうたせる事に…といった感じで、実は落語に出てくる幇間はどちらかというと、現在の「太鼓持ち」という言葉のイメージに近いお調子者が多いのでした。まぁ芸人のくせに真面目な事を言う奴は信用しちゃいけない。勉強させて頂きましたとか言う奴です。「お噺のお話」また次回。
 

8/24家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版のコラム最新6件

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連 載

「貯筋」の心得

8月2日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

8月2日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

7月12日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

6月7日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

5月10日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

5月3日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

年齢、障害、”枠”超える35人展

年齢、障害、”枠”超える35人展

市内在住・吉田さんら企画

8月24日~8月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク