神奈川区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

菅田羽沢農業地域 春キャベツ、今年も豊作 出荷6月下旬まで

社会

丹精込めて育てたキャベツを手にする生産者
丹精込めて育てたキャベツを手にする生産者
 菅田羽沢の農業地域は、かながわブランド農作物「横浜キャベツ」の一大生産地として知られる。横浜市は県内で三浦市に次ぐ生産量を誇り、5月上旬から6月下旬にかけて「春キャベツ」の出荷のピークを迎える。

代々続く農家

 菅田羽沢地域には代々続く農家が多く、農作物の規格を統一するなど、それぞれ工夫を凝らした栽培を行っている。

 餅田幸彦さん(63)=羽沢町在住=一家は現在、午前5時からキャベツ畑に繰り出し、母と妻、娘夫婦の5人で出荷作業に精を出す毎日だ。6月9日の取材当日は、Lサイズのキャベツ8個が入った約200ケースを市場に出荷した。

 餅田さんは「以前はキャベツだけを作っていたが、今はレタスとネギも出荷している」と話し、ブルーベリーなどの直売も始めたという。娘の美由紀さん(31)は「春は3種類のキャベツを作っているが、この時期は歯ごたえのある硬めのキャベツを出荷している。炒め物などの料理に最適ですよ」と教えてくれた。

神奈川区版のローカルニュース最新6件

株式会社ネクストホーム

住まいに関するお悩み・ご相談はお気軽にお問合せください。

https://nexthomeyokohama.jimdo.com/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク