神奈川区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

神奈川区 火災増加件数 市内トップ 消防署が防止呼びかけ

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
火災防止を呼びかける武笠署長
火災防止を呼びかける武笠署長

 神奈川消防署(武笠基和署長)はこのほど、昨年に比べて神奈川区内の火災発生件数が増加していることや火災による死者も出ていることを受け、ポスターや街頭活動などで呼びかけを行っている。

 2018年7月18日現在、区内で発生した今年度の火災件数は36件。昨年比プラス6件となり、市内のなかで一番多い件数となっている。市内全体でみると昨年比マイナス65件と減少しているなかで、区内では増加となった。

 主な火災原因は12件(昨年比プラス8件)となった放火が一番多く、たばこやこんろが続く。放火は、公衆トイレのトイレットペーパーや雑草に火をつけたケースとなっており、人が居ないところや時間帯に狙われているところが多い。同署の北沢俊至予防課長は「燃えるものを外に置かないことや地域で声掛けを行うことが放火の抑制につながる」と町の防災組織など地域ぐるみでの対応を呼びかける。

 同署では、火災件数を減らすため署員がポスター=写真=を作成し、公共施設や商業施設81カ所に7月から提示しているほか、火災発生防止を呼びかける街頭活動も行っている。

火災による死者も

 今年度、区内で発生した火災で4人の死者が出ている。その内2件は規模が大きい住宅火災によるものだ。どちらの住宅にも火災警報器の取りつけがなく、火災に気付くのが遅くなってしまったと考えられるという。

 区内では、火災警報器を住宅に取りつけていたために、一部の損害だけで被害が広がらなかった事例も出ている。武笠署長は「火災警報器は、自らの命を守るものです。積極的に取りつけてほしい」と呼びかける。また、取りつけてから10年以上経過している警報器もあることから「電源が入り、しっかり作動するかどうかの確認をしてほしい」と話す。

熱中症も注意

 連日続く猛暑で、熱中症による救急搬送が5月17日から7月17日までの間に、市内で昨年比プラス113件(区内では昨年比同様)となっており、同署では「特にお年寄りや子どもなどは不要不急な外出は避けてほしい」と注意を呼びかけている。

神奈川区版のトップニュース最新6

「交流拠点」 空き家に活路

「交流拠点」 空き家に活路 社会

子安台で有志ら活動

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

迅速対応で不審火消す

迅速対応で不審火消す 社会

菅田町の企業に消防表彰

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

食の多様性「ビーガン」商機

風と光

食の多様性「ビーガン」商機 社会

カップ麺など商品充実

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク