神奈川区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

市政報告 ハマ弁は即時やめるべき 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena

 9月14日に行われた市会第3回定例会で一般質問に立ちました。

 市の教育委員会は、昨年から全中学校で配達型弁当「ハマ弁」を実施していますが、生徒の喫食率は低迷。4月からは130円公費負担で値下げしました。それでも喫食率は上がらず、8月末からは当日注文を試行。質問前日の9月13日までの14日間での売れ残り950個が廃棄処分となっています。

 私は、食品の廃棄を前提とした当日注文方式は「食品ロスを出さないライフスタイルの定着」をかかげる市の方針に真っ向から反していると指摘し即時やめるべきと迫りまりました。林市長は「ハマ弁の喫食率向上を進めていく」としか答えませんでした。

中学校給食の実施は可能

 都心部再開発や港湾、高速道路などの大型開発を見直せば、小学校の給食のような自校方式での初期費用260億円は十分に捻出できます。さらに、近隣の小学校で調理し配送する「親子方式」を全校で実施する場合の初期費用は60億円ですむことから、財源確保はさらに容易になります。

 給食の調理場の用地問題では、市教委は親子方式の実施を3分の2の学校で可能としています。しかし、市長は私の提案に対して何も答えず、従来の費用問題と用地問題を繰り返しただけでした。

災害から命と財産を守る

 横浜市内に在る「危険ながけ」と市が評価した1364カ所のがけ地の全ての対策を進めるため、職員と予算を増やすことを求めました。市長は「すべてのがけに対象を広げる。がけ地の改善に向けた協議を進める」と答弁しました。

学校統廃合計画に待った

 市教委は、菅田小学校と池上小学校の統廃合を強行しています。近い将来、子どもが減るというだけで安易に学校を無くすことは、地域コミュニティーを壊すだけでなく、子育て世帯が居住地として避けることになり、更なる人口減少に繋がるだけです。小規模校を不適正と決め付ける市教委を質し、地域説明会の開催を要求しました。鯉渕教育長は「検討部会の検討状況等を考慮しながら対応していく」と開催を約束しました。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

「防災・減災」を社会の主流に

市政報告

「防災・減災」を社会の主流に

横浜市会議員 竹内やすひろ

11月28日号

カジノ誘致を勝手に決めないで

カジノ誘致を勝手に決めないで

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

11月7日号

幼児教育・保育の無償化へ

市会レポート

幼児教育・保育の無償化へ

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

9月26日号

平和をいつまでも

市政報告

平和をいつまでも

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

8月15日号

初の県議会を終えて

県政報告

初の県議会を終えて

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

7月18日号

通学路の安全対策に責任を

市政報告

通学路の安全対策に責任を

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

7月11日号

アフリカ開発会議の横浜開催

市会レポート

アフリカ開発会議の横浜開催

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

7月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク