神奈川区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める 新井 航世(はんせ)さん 中区在住 20歳

「世を航る」第一歩を今

 ○…「人生でその時しかできないことをやりたい」――。そうした思いを胸に、3万人の先頭で舵を切る。中区で生まれ、異国情緒あふれる景色を眺めて育ったことから、横浜の魅力を「こんな多様性のある場所はない」と語る。だからこそ式典テーマ「開国」には、国際色を一つの要素として入れたかったそう。「新成人一人ひとりの未来を『開国』できるような最高の行事にしたいです」

 ○…慶應義塾大学の法学部に通う。中高生から続けているテニスは「生活の基盤」というほど打ち込んでおり、現在も週5回練習に励んでいる。学内外の大会にも出場し、関東大会での団体準優勝など結果を収めている。オフの日は、アルバイトにインターンと、なんとも目まぐるしい大学生活だ。

 ○…自営業を生業とする両親のもとで育った。あいさつ、箸の持ち方などの礼儀作法を教え込まれ、小学生の時にはすでにネクタイが結べたとか。気が弱かったという幼少期、「テコンドーで強くなれ」と両親の勧めで厳しい師範につき、体力や精神力を培ったという。「弱音は一切吐けない。結構堪えましたね。だからこそ成長できたと思います」。こうして幼い頃から真っ当に、時に厳しく育て上げられたのは、「世の中を、人の心を航り合える人であれ」という両親の願いから。それは”航世(はんせ)”という名前にも込められている。

 ○…「誰にでも可愛がられ、世渡り上手な父のようになりたい」。まっすぐな瞳でそう語る。経験値を高めようと奔走するのは、少しでも父に近づきたいから。「だから普通の大学生活でやろうと思わないことに挑戦したいんです」。新成人の代表として、今、踏み出した第一歩。それは並々ならぬパワーと決意であふれていた。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

岩井 徹太郎さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

岩井 徹太郎さん

2月14日号

長島 敏晴さん

(一社)横浜北工業会専務理事で、「港福一夜城」で講演した

長島 敏晴さん

2月7日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

1月31日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

稲見 明子さん

街ギャラリーを通し交流を生み出す

稲見 明子さん

1月10日号

近藤 奈菜さん

技能五輪全国大会で優勝した横浜ロイヤルパークホテル調理部に所属する

近藤 奈菜さん

12月13日号

中学校給食いいね!!

日本共産党市議団が宝塚市を視察

http://www.usami-sayaka.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • お噺のお話

    落語こらむ

    お噺のお話

    三十一席目「権助魚(ごんすけざかな)」

    2月7日号

  • 「貯筋」の心得

    ミスター高橋の 連 載

    「貯筋」の心得

    48 体内の二種類の筋肉

    2月7日号

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク