神奈川区版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

街ギャラリーを通し交流を生み出す 稲見 明子さん 神大寺在住 60歳

日常のなかの非日常を追求

 ○…六角橋商店街で雑貨屋と貸しスペース「switch boxあけ/たて」を営む。全国各地から作家を招き、展示会を開く街のギャラリーだ。1月には毎年、新年を祝う企画展を実施。今年は、8人の作家が「干支」や「新年」をテーマに作品を展示したほか、商店街を訪れる人に書初めをしてもらう企画にも挑んだ。「身近にアートを感じてもらいたくて企画した。アートが誰でも楽しめるような発信場所にしていきたい」と笑顔。

 ○…神大寺に生まれ育った。現在も夫と娘、孫と住む。六角橋中に通っていたときはよく同商店街へ買い物に。「当時、最新だったカラージーンズを手に入れたのが嬉しかったし、タバスコの味を知ったのもこの商店街だった」と振り返る。高校で夢中になったフォークソング。現在もサークルに入り、市内でコンサートを開く。

 ○…「自ら創作活動はしないが、アート作品を鑑賞するのが好き」。32歳のときに大倉山記念会館で「グリーンバイブレーション」という何でも自由に出展できる場を創出。そうしたなかで出会った作家の作品を発信する場所として娘が2012年に同店を立ち上げた。娘が子どもを授かったことから店を引き継ぎ、3月で7年目となる。

 ○…「普段暮らす日常のなかから、非日常的なことが起こったときのドキドキを生み出したい」。1階に雑貨が並び、2階にギャラリーがある同店。雑貨を買いに来た人に2階のギャラリーに招くと新たな出会いがたくさん生まれるという。育った六角橋商店街は愛着のある場所。魅力を伝えるために手作りマップも作成中だ。「商店街にはいろいろな才能を持った人が溢れる宝の山。街ギャラリーとしてたくさんの可能性を結び付けていきたい」と話した。

神奈川区版の人物風土記最新6件

佐藤 政廣さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

佐藤 政廣さん

3月21日号

永瀬 勇気さん

特定非営利法人RCB大口夢の理事長としてはしご酒を主催する

永瀬 勇気さん

3月14日号

木村 健さん

子安小校舎移転特設サイト内で「旧校舎パノラマビュー」を公開した

木村 健さん

3月7日号

木瀬 昌之さん

錦台中学校区の「パパ友」を取りまとめ地域支援に励む

木瀬 昌之さん

2月28日号

加藤 惣一さん

六角橋商店街仲見世で「横丁アート」を主催する

加藤 惣一さん

2月21日号

岩井 徹太郎さん

ヨコハマ・グッズ横濱001で市長賞を獲得した

岩井 徹太郎さん

2月14日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク