神奈川区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

落語こらむ お噺のお話 三十二席目「堀の内」

 毎回、この落語こらむをシッカリと読んで頂いている読者の皆さまは、「粗忽」は何と読むか、どんな意味かはもうお解りですね。え?知らない?まぁそういった方もおられるでしょう。では一応、改めてご説明。粗忽とは「そこつ」と読み、「そそっかし・慌て者」といった意味。今回のお噺もそんな粗忽者が主人公の噺。自他共に認める慌て者の熊五郎、かみさんの提案で粗忽癖を信心して治す為、堀の内の御祖師様へ毎日お参りに行く事にする。しかし熊五郎、堀の内へ行く道中にも次々とそそっかしい問題を巻きおこす。何とか堀の内に着き御祖師様へお参りしようとするも、財布ごと賽銭箱へ投げ込む始末で…といった具合に、この噺は全編ずっとそそっかしい男が出ているので、演っている方も楽しい噺。現実世界では絶対に有り得ない様な、突拍子も無い事のオンパレードなので、途中から何だか本当に自分も粗忽になった感覚になる事も。…あ!今回の『お噺のお話』三十二席目は「堀の内」という噺です。すっかり忘れていた。はは、まさにこれが粗忽者ですね。「お噺のお話」また次回。
 

神奈川区版のコラム最新6件

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS【4】

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

4月11日号

MM本町小と教育連携協定

みなとみらい21熱供給(株) MM21街区NEWS【3】

MM本町小と教育連携協定

4月4日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 最終回

「貯筋」の心得

4月4日号

MM以前の沿革展示も

MM21街区NEWS【2】

MM以前の沿革展示も

3月14日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

3月7日号

かなっくホール

Mr.&Mrs.シューマンプロジェクト開催!5月15日オープニングコンサート

http://kanack-hall.info/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク