神奈川区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

公示地価 横浜駅周辺活況 最高15%の上昇も

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
約15%上昇した鶴屋町のビル
約15%上昇した鶴屋町のビル

 全国の住宅地や商業地の公示地価(1月1日時点)を発表する地価公示が3月20日に国土交通省からあり、神奈川区では、住宅地24、商業地12、工業地1地区の計37地点で調査結果が発表された。37地点中35地点が前年より上昇。下落した場所はなく、商業地では最高15ポイント拡大したところもあった。

 地価公示とは、都市計画区域などにおける標準地の毎年1月1日時点の正常価格を国土交通省土地鑑定委員会が判定、公示するもの。公示価格は一般の土地取引価格に対し、指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格算定などの基準になっている。

 住宅地は2・9%(前年2・7%)、商業地は5・7%(同4・7%)、工業地は4・4%(同3・6%)とそれぞれ平均変動率が上昇。横浜市の平均変動率(住1・0%、商3・2%、工3・1%)と比べると、それぞれの上昇幅が上回っていることがわかる。

 商業地では開発が進む「鶴屋町2丁目24番1」がトップで、1平方メートルあたり220万円。前回の191万円より約15・2%上昇した。次いで「金港町6番14」の105万円(昨年94万円、11・7%上昇)、「西神奈川1丁目10番10外」の52万円(昨年49万円、6・1%上昇)と続いた。

 工業地である「守屋町1丁目1番14外」は11万9千円と昨年の11万4千円よりも4・4%上昇した。

 住宅地のトップは「沢渡55番42」で、1平方メートルあたり35万5千円。前回の34万円より4・4%上昇。「斎藤分町36番26」と「幸ケ谷7番6」の32万5千円と続いた。住宅地は22地点が上昇、2地点は前回調査と変わらなかった。

神奈川区版のローカルニュース最新6

子どものサンタになろう

ベイホテル東急

子どものサンタになろう 文化

チャリティギフト募集

12月5日号

中小企業家300人学ぶ

中小企業家300人学ぶ 経済

同友会が勉強会

12月5日号

IR阻止へ署名集め

立民県連

IR阻止へ署名集め 政治

カジノ対策本部を設置

12月5日号

関内ホールに400人

宅建協会

関内ホールに400人 社会

横浜4支部が市民セミナー

12月5日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月5日号

日産横浜工場でフェア

日産横浜工場でフェア 経済

12月15日、参加費無料

12月5日号

「ひとつのプレーを全力で」

「ひとつのプレーを全力で」 スポーツ

桐蔭高・森選手が入団会見

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク