神奈川区版 掲載号:2019年4月11日号
  • LINE
  • hatena

「演劇で介護現場楽しく」 俳優講師にワークショップ

社会

講師の菅原直樹さん(中央)
講師の菅原直樹さん(中央)

 演劇の企画運営を通じて横浜の文化の活性化を図る「PAW(パウ)Yokoh(ヨコハ)ama(マ)」主催のワークショップ「老いと演劇」が4月14日(日)、産業貿易センタービル4Fの研修室で開催される。

 講師は俳優で介護福祉士の資格も持つ菅原直樹さん。演劇の持つコミュニケーション力を介護の現場に活かす活動を行っており「介護者に求められているのは、現実ではありえない相手のストーリーを正すのではなく、引き受け『演じる』こと」だという。今回のワークショップでは介護現場で実践されている演劇的手法「遊びリテーション」の体験や、演劇を通じて認知症の人が見ている世界やコミュニケーションについて考える。

 午後1時から4時まで。参加費は1千円(見学5百円)、定員あり。申込は参加or見学、名前、人数を記入し、【メール】paw138nifty.comへ。問合せは一宮さん【電話】090・1262・5520。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6件

かなっくホール

Mr.&Mrs.シューマンプロジェクト開催!5月15日オープニングコンサート

http://kanack-hall.info/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク