神奈川区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

西菅田団地 「ワンコイン見守り隊」発足 ゴミ出し支援で安否確認

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
発足式に参加した隊員
発足式に参加した隊員

 西菅田団地自治会(竹山茂夫事務局長)の有志20人が4月15日、高齢者世帯などの生活支援をする「ワンコイン見守り隊」を発足した。高齢化率が44%である同地域において、隊員には今後、ゴミ出し支援を通じた見守り役が期待されている。

高齢化率44%

 西菅田団地(1350世帯)は1971年に入居を開始した。同自治会の独自調査によると、65歳以上の高齢化率は44%で、神奈川区の約20%と比べても高齢者の占める割合が高い地域だ。

 団地周辺は坂道が多く、高齢化が進んだ近年は「ゴミ出しや買い物が困難になってきた」と訴える住民も増えてきた。

アンケート実施

 そうした状況下、同自治会は区社会福祉協議会のアドバイスを受け、菅田地域ケアプラザとともに、昨年1月から2月にかけて「近所に手伝ってほしいこと」や「自分が手伝えること」などの住民アンケートを実施。150件の回答があり、昨年11月から試験的に2世帯でゴミ出し支援を行ってきた。支援活動を拡大しようとこのたび、「ワンコイン見守り隊」を発足した。

 見守り隊(ボランティア)は20人。利用できるのは、同団地に住んでいる高齢者世帯(70歳以上の独居か夫婦)と障害などの事情でゴミ出しが困難な世帯。登録の上、見守り隊との折り合いがつけば、月500円で利用できる仕組みだ。

 発足時の利用者は3人にとどまった。生活環境の違いなどから、見守り隊と利用者とをつなげる上での課題も浮き彫りになった。竹山事務局長は「まずは第一歩。コミュニケーションも大切な役割なので、ケアプラザさんの協力を得ながら広報に力を入れていきたい」と抱負を語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

市、オンライン申請導入

証明書発行

市、オンライン申請導入 社会

時間、場所問わず可能に

9月23日号

異文化理解、実体験雄弁に

子ども国際平和スピーチコン

異文化理解、実体験雄弁に 教育

神橋小の谷村さん入賞

9月23日号

建て替え検討へ

神奈川区総合庁舎

建て替え検討へ 社会

市内最古、2030年代に築70年

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

市役所トイレに無料配布機器

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高度日本一 3年ぶり挑戦

ハイブリッドロケット

高度日本一 3年ぶり挑戦 教育

神大、全長4mの小型機で

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員財務副大臣)を任命

    9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook