神奈川区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

西菅田団地 「ワンコイン見守り隊」発足 ゴミ出し支援で安否確認

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
発足式に参加した隊員
発足式に参加した隊員

 西菅田団地自治会(竹山茂夫事務局長)の有志20人が4月15日、高齢者世帯などの生活支援をする「ワンコイン見守り隊」を発足した。高齢化率が44%である同地域において、隊員には今後、ゴミ出し支援を通じた見守り役が期待されている。

高齢化率44%

 西菅田団地(1350世帯)は1971年に入居を開始した。同自治会の独自調査によると、65歳以上の高齢化率は44%で、神奈川区の約20%と比べても高齢者の占める割合が高い地域だ。

 団地周辺は坂道が多く、高齢化が進んだ近年は「ゴミ出しや買い物が困難になってきた」と訴える住民も増えてきた。

アンケート実施

 そうした状況下、同自治会は区社会福祉協議会のアドバイスを受け、菅田地域ケアプラザとともに、昨年1月から2月にかけて「近所に手伝ってほしいこと」や「自分が手伝えること」などの住民アンケートを実施。150件の回答があり、昨年11月から試験的に2世帯でゴミ出し支援を行ってきた。支援活動を拡大しようとこのたび、「ワンコイン見守り隊」を発足した。

 見守り隊(ボランティア)は20人。利用できるのは、同団地に住んでいる高齢者世帯(70歳以上の独居か夫婦)と障害などの事情でゴミ出しが困難な世帯。登録の上、見守り隊との折り合いがつけば、月500円で利用できる仕組みだ。

 発足時の利用者は3人にとどまった。生活環境の違いなどから、見守り隊と利用者とをつなげる上での課題も浮き彫りになった。竹山事務局長は「まずは第一歩。コミュニケーションも大切な役割なので、ケアプラザさんの協力を得ながら広報に力を入れていきたい」と抱負を語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月16日号

紙芝居上演10周年

菅田町在住杉田さん(76)

紙芝居上演10周年 文化

岸根公園で毎月1回

5月16日号

阿部さん、全国水泳2冠

セントラル横浜

阿部さん、全国水泳2冠 スポーツ

11-12歳100m背、200m個メ

5月1日号

羽沢新駅 11月末開業へ

羽沢新駅 11月末開業へ 社会

都心アクセス向上

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

六角箸がエントリー

ガチハンバーグ

六角箸がエントリー 経済

6月1日から投票開始

4月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク