神奈川区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

区民協議会の代表委員として「区民のつどい」を開催する 岐部 文明さん 菅田町在住 69歳

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

「やってみよう」の精神で

 ○…神奈川区民協議会の第20期代表委員を務める。委員らは「住みよいまちづくり」を目指し、「後継者と情報の会」「なまずの会」「元気・安心・安全の会」の3部会に分かれて活動中。1期2年の中間報告として6月30日、「区民のつどい」を開催する。「『地域のつどい』で提言された課題の解決に向けて、少しでも役に立てばうれしい」と抱負を述べる。

 ○…大分県出身。野球チームのまとめ役として白球を追いかける少年だった。教師だった父が実家を継いで、作物の生産と家畜の飼育を一緒に行う混合農業を始めた。「父は体が弱かったので、畑仕事や乳牛の世話が私の日課だった」。高校に進学して柔道部の門を叩いた。恩師から「人間起重機(クレーン)」と呼ばれ、寝技の名手として活躍。短期間で2段を取得した。「帰省するたびに仲間たちと会い、思い出話に花を咲かせている」

 ○…自動車会社に就職するため18歳で上京。「都会に近づくにつれ、汽車の窓から見える空が汚くなって驚いた」と振り返る。総務や営業、購買部などを経て、健康保険組合に出向。そこで「健康増進センター」の立ち上げに携わり、「運動」「栄養」「休養」の3つ大切さを伝えるイベントを次々に企画した。「当時の経験を自治会活動に役立てている」と笑う。

 ○…山登りが好きで、毎週のように丹沢へ通っていた。現役時代に夜間学校で調理師免許を取得。「家事はお任せ」と胸を張る。自称「頼まれると断れない性格」。PTA会長などを歴任し、満を持して自治会長になったのが12年前。7年前からは地区連合会の会長として地域を支える。モットーは「100%を求めない」。「失敗してもいい。まずはやってみることが大切」とチャレンジ精神が尽きることはない。
 

神奈川区版の人物風土記最新6

村尾 泰弘さん

神奈川被害者支援センターの理事長を務める

村尾 泰弘さん

藤沢市在住 65歳

1月27日号

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月20日号

篠崎 順一さん

「亀の甲せんべい」にまつわる歴史をまとめ、2冊の資料を刊行した

篠崎 順一さん

神奈川図書館在勤 63歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

梶原 昂希さん

プロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから6位指名を受けた

梶原 昂希さん

神奈川大学野球部 22歳

1月1日号

吉川 七海さん

六角橋で開催されたクリスマスパレードのリーダーを務めた

吉川 七海さん

川崎市在住 21歳

12月16日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook