神奈川区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 運転概要を発表 海老名―新宿間1日46往復

社会

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)(相鉄)と東日本旅客鉄道(株)がこのほど、11月30日に開業する予定の「相鉄・JR直通線」の運転計画概要を発表した。相鉄本線と直通線が分岐する西谷駅には特急と快速が新たに停車。海老名駅からJR線新宿駅間を1日46往復(92本)運行する。

 「相鉄・JR直通線」は相鉄線・西谷駅から羽沢地区に建設が進められている新駅「羽沢横浜国大駅」間に新たに連絡線を設け、相鉄線とJR線の相互直通運転を行うもので11月30日に開業する予定。神奈川県央部と東京都心部の直結により、広域鉄道網が構築され、所要時間の短縮や乗換回数の減少といった利便性が向上する。

 今回、公表された計画概要によると、運行区間は海老名駅からJR線の新宿駅までを基本に設定。朝の通勤時間帯の一部列車は大宮方面へ直通する。

 1日あたりの運行本数は46往復で朝のピーク時間帯には1時間に4本、そのほかの時間帯には2〜3本運行する計画となっている。

新宿まで44分

 直通線開業に合わせ実施するダイヤ改正についても公表された。乗り換えの利便性を考慮し、改正後のダイヤでは現在は各停列車のみが停車している西谷駅に特急と快速が停車することになる。

 西谷駅を出た列車は新宿駅までの7駅を各駅に停車。今回の発表では西谷駅から新宿駅までの所要時間は明らかにされていないが、現況では横浜駅での乗り換えを含め約1時間要している二俣川駅から新宿駅までの所要時間は最も早いケースで、15分ほど短縮され、44分で到着することができるようになる。

東急直通線は22年度下期に

 相模鉄道では羽沢横浜国大駅から現在の新横浜駅付近に新設される予定となっている新駅を経由し東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間を結ぶ連絡線を新たに設け、相鉄線と東急線が相互直通運転を行う「相鉄・東急直通線」の開業も2022年度下期に予定。

 この路線を活用すれば、横浜駅を経由することなく東海道新幹線の停車駅である新横浜駅まで行くことができ、新幹線へのアクセスが大幅に向上することになる。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

【Web限定記事】特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

駅に懐かしの伝言板

【Web限定記事】

駅に懐かしの伝言板 社会

「閉塞感を和らげたい」

5月28日号

区作連にマスク寄贈

神奈川RC

区作連にマスク寄贈 社会

5月28日号

疫病退散のアマビエ展

疫病退散のアマビエ展 文化

六角橋 あけ/たて

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク