神奈川区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

「チーム北綱」 学校の枠超え対外活動 ボッチャ大会に出場へ

スポーツ

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
体験会の交流から結成された「チーム北綱」メンバー。右下から時計まわりにキャプテンの吉村さん、小野さん、北山さん、東海林さん
体験会の交流から結成された「チーム北綱」メンバー。右下から時計まわりにキャプテンの吉村さん、小野さん、北山さん、東海林さん

 横浜市立北綱島特別支援学校の生徒と市立北綱島小学校の児童が「チーム北綱」を結成し、9月に横浜ラポールで行われるボッチャの大会に出場する。日ごろ交流のある両校だが、学校を通じ児童生徒が合同で対外活動に臨むのは初めて。出場する4人は各々の言葉で意気込みを表わした。

 合同チームが誕生したのは、主に肢体不自由の障がいのある児童生徒が通う北綱島特別支援学校が地域に呼びかけ、7月に開催したボッチャの体験会がきっかけ。

競技通じ心通わす

 同校生徒や北綱島小学校児童、それぞれの教職員のほか、地域住民や地域の小中学校の教諭ら約50人が参加した体験会では、皆で競技のルールを学び、チームをつくりトーナメント戦も行った。

 絶妙な投球には大歓声もあがり、応援にも力が入る盛り上がりぶり。その余韻が冷めやらぬ中、北綱島小の児童と保護者が特別支援学校の生徒に「一緒に大会に出場しないか」と声をかけ、「チーム北綱」が結成された。

 ボッチャは、目標球と呼ばれる白いボールに、赤・青それぞれ6球ずつのボールを投げたり転がしたりして近付ける競技。ランプというボールを転がす道具を使うこともできる。「障がいの有無にかかわらず多くの人が楽しめるスポーツ」(特別支援学校の中島裕美教諭)で、パラリンピックの正式競技でもある。

 第4回関東さわやかボッチャ大会の9月7日「レクの部」に出場するのは、特別支援学校の吉村拓真さん(中2/キャプテン)と小野絢葉さん(高1)、北綱島小の北山はるかさん(小5)と東海林陸久さん(小3)の4人。吉村さんが「このチームで優勝したい」と言えば、「緊張するけどみんなで力を合わせて楽しくやりたい」(北山さん)、「初めてだけど頑張りたい」(東海林さん)とメンバーは意気込みを口にした。小野さんは「体を動かすことが大好き。みんなと楽しみながら頑張る」とコメントを寄せた。

 監督としてチームを引率する特別支援学校の長谷川寛教諭は「ボッチャを通して心が通じた。児童から声をかけてもらい、嬉しくて勢いで自分が(申込書の代表欄に)名前を書いてしまった」と感動しきり。同校の菊本純校長は「日ごろから両校の交流はあるが、スポーツを通じて輪が広がっていけば」と話していた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

こつこつ3年 早朝清掃に汗

こつこつ3年 早朝清掃に汗 社会

反町駅前の商店主ら

2月20日号

区文化協会の発表展

中丸小で出前教室

行政相談委員

中丸小で出前教室 社会

活動内容や相談事例を解説

2月20日号

桂米多朗さんの落語満喫

ビューポリス自治会

桂米多朗さんの落語満喫 文化

2月20日号

春爛漫 紅梅鮮やか

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク