神奈川区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

神奈川消防署 外国人向け救急ボード制作 駅や商業施設などに配布

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
積極的な活用を呼び掛ける消防署員
積極的な活用を呼び掛ける消防署員

 神奈川消防署はこのほど、外国人が体調を崩した際に駅や商業施設などで活用できる「コミュニケーション支援ボード」を制作した。

 これはラグビーW杯や東京五輪の開催を前に、増加が見込まれる訪日外国人への対応策のひとつとして考案されたもの。近隣行政区が会場となることから、神奈川区でもその対策が急務となっており、今年度に入り本格的に始動した。

 このボードには、日本語・英語・韓国語・中国語・ポルトガル語・スペイン語の6カ国語で「くるしい」「いたい」「めまいがする」など体調を表す言葉がイラスト付きで記されており、外国人はそれを指差して自身の体調不良を訴えることができる。この他、名前・生年月日・持病などを尋ねる欄もあり、救急隊が到着する前に周囲の人が状況を把握できることでその後の救急対応がこれまで以上にスムーズに行えるようになることが期待される。

 配布先は区内各駅やベイクォーターなどの商業施設のほか、神奈川防火防災協会に加盟する262事業者を予定。担当者は「積極的に活用してもらいたいので、ボードがほしいという事業者様からの声があれば配布します」と話している。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

【Web限定記事】特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

駅に懐かしの伝言板

【Web限定記事】

駅に懐かしの伝言板 社会

「閉塞感を和らげたい」

5月28日号

区作連にマスク寄贈

神奈川RC

区作連にマスク寄贈 社会

5月28日号

疫病退散のアマビエ展

疫病退散のアマビエ展 文化

六角橋 あけ/たて

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク