神奈川区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

中丸町 シャトルバスを試験運行 地域住民の移動支援へ

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
9月2日に行われた試験運行の様子
9月2日に行われた試験運行の様子

 バスが通らない公共交通の空白地域で、買い物へ行くのにも不便な地域住民が多いとされる中丸町。これを解決しようと、中丸町内会・六角橋地域ケアプラザ・デイサービスのハートテック六角橋の3者が協力し「中丸買い物(移動支援)ネットワーク」を5月に立ち上げ、9月2日にはシャトルバスの試験運行を実施した。

 中丸町には10年以上前までバス路線が通っていたが、廃止されてから住民たちは買い物帰りにタクシーを利用するなど、以前と比べ負担が大きくなっている。住民の高齢化も進んでいることから、課題解決を図ろうと中丸町内会が声を上げ、これに地域ケアプラザとデイサービスが協力する形で、同地域を循環するシャトルバスの試みが試験的に始まった。

 六角橋地域ケアプラザとデイサービスのハートテックは2年前から、デイ車両の空き時間を活用できないかと民生委員と共に検討してきた。自治会と協力し本格的に実施するのは今回初めての試みとなる。

年4回の実施予定

 2日の試験運行では、シャトルはハートテックからスタートし、神奈川大学正門前・少し先の坂付近・斎藤分小学校の脇の3カ所を停留所として、近隣スーパーまでを2周した。ルートや停留所は団体のメンバーが実際に歩き、住民の利便性や車を停められる場所を考慮し決めた。

 この日はシャトルの定員である14人の近隣住民が乗り込み、トライアルを体感した。参加者からは「買い物帰りの上り坂が本当に大変なので、助かるし嬉しい」という声が聞かれた。

 中丸町内会の島田恵会長は「坂の多いこの地域は、買い物など普段の生活を送る上で困っているという声をよく聞く。住民の方の困り事を解消する一助になれば」と話す。

 今後この取り組みは10月・11月・1月にも実施され、これを踏まえて本格実施に向けて検討されていく予定だ。

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

交通弱者に快適な移動を

神奈川トヨタ自動車

交通弱者に快適な移動を 社会

タクシー向け講習 「なでしこ」認定

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

「もの忘れ検診」開始

横浜市

「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上対象に無料で

2月13日号

「電気火災」が増加

出火原因消防まとめ

「電気火災」が増加 社会

火使わない機器にも注意を

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「奮闘努力」全国で結実

横浜創英高校バトン部

「奮闘努力」全国で結実 スポーツ

ダイナミックな演技が高評価

2月6日号

「トップ10入り目指す」

横浜FC

「トップ10入り目指す」 スポーツ

13年ぶりのJ1舞台

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク