神奈川区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

羽沢小6年生が新駅視察 まちの変化テーマに

教育

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
職員の説明を聞く児童
職員の説明を聞く児童

 羽沢小学校(田屋多恵子校長)の6年生児童81人は10月1日、開業まで約2カ月に迫った新駅「羽沢横浜国大駅」を見学した。駅の管理を行う相模鉄道の職員がコンコースからホーム階までを案内し、新型車両も披露された。

 相鉄線からJR線を経由して新宿方面へ直通する、相鉄・JR直通線と新駅「羽沢横浜国大駅」が11月30日に開業する。

総合的な学習の時間の一環で

 地元に新駅ができることを知った羽沢小学校6年生は6月から、「総合的な学習の時間」を活用して、羽沢のまちの変化と自分たちができることについて調べてきた。

 国連加盟国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマに、新駅に関する新聞記事のスクラップやワークショップなどを実施。「実際に現場を訪れることでより多くのことを学んでもらいたい」と、学校側から相鉄側に打診したことが新駅視察のきっかけとなった。

 児童らは2グループに分かれ、コンコースからホーム階までを見学。相鉄職員から「天井は東京ドームと同様の素材を使うことで採光機能を持たせた」「点字の案内板を設置している」などの説明を受け、新型車両「12000系」も見ることができた。

 新駅を見学した巳城綸太郎君は「駅構内はほぼ完成していて、電車は自動ブレーキがかかるという機能があってすごいと思いました」と感想。大津潮音君は「駅の中でたくさんのバリアフリーを見ました。それはすべて利用する人のことをよく考えてありました。今日学んだことをポスター作りなどで学習に生かしたいです」と抱負を語った。

 一連の学習内容は、新駅開業と同日に行われる「日立かながわ子どもサミット2019」で発表する予定となっている。田屋校長は「児童が自分をとりまく社会に興味をもち、羽沢のまちのことを知り、まちや人が大好きな子どもに育って欲しいと願っています」と話した。
 

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

認知症啓発で表彰

オレンジプロジェクト

認知症啓発で表彰 社会

まちづくりの好例と評価

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

耕作放棄地を農園に再生

かなっぱ畑の会

耕作放棄地を農園に再生 文化

松見町4丁目の高台で

5月19日号

「しぇあひるず」が5周年

高島台

「しぇあひるず」が5周年 社会

コロナ禍でも密避け活動

5月19日号

学生日本一を目指す

区内在住小清水さん

学生日本一を目指す 社会

ミス・ユニバーシティへ

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook