神奈川区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

横浜市無電柱化 緊急輸送路、34%整備済み 課題は高額整備費

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
住宅街に立ち並ぶ電柱
住宅街に立ち並ぶ電柱

 台風15号による千葉県内を中心とした大規模停電を受け、地上の電柱や電線を無くす「無電柱化」に注目が集まっている。横浜市は昨年12月、市無電柱化推進計画を策定し、緊急輸送路での整備を進めており、同路線での無電柱化率は現在約34%(約64Km)。市の取組みなどを取材した。

 市は無電柱化を推進するため「都市の防災力の向上」など3方針を掲げている。同計画では通学路や商店街、駅周辺での整備を推進するとしているが、具体的な目標は横浜駅や新横浜駅周辺など一部地域を除き、ほぼ示されていない。

 一方、災害時に避難や救助、物資運搬のため緊急車両が通行する第1次緊急輸送路(延長187Km)である環状2号線と山下本牧磯子線、鶴見溝ノ口線での整備を2027年度までに完成させることで環状ネットワークを構築し、被災時に備えるとしている。

 市によると、地下埋設物等の状況で工事費は異なるものの、無電柱化整備費用は1Kmあたり約5・3億円とし、無電柱化を推進するには多額の事業費と工事期間を要することが課題だと説明する。

 そのほか、市は災害時の重要拠点となる区役所や消防署、警察署への「災害時重要拠点アクセス路」でも無電柱化を順次進めており、神奈川区、西区、保土ケ谷区、旭区、港北区、緑区、瀬谷区を除く市内11区で着手済み。27年度までに、市内18区すべてのアクセス路で整備を着手し、港南区、南区、金沢区、青葉区のアクセス路は同年度の完成を目指す方針だ。

「引き続き事業推進」

 今回の台風15号の影響で1都6県、最大約93万軒が停電。千葉県では約63万軒と甚大な停電被害が発生した。これを受け、国交相が災害対策に向けて無電柱化を全国的に進める方針を示した。東京都では千葉県内での電柱倒壊や電線の切断が停電長期化の一因とし、島しょ部などで実施している無電柱化事業のスピードを加速させる意向だ。

 横浜市道路局担当者は無電柱化の重要性については認識しているとし、「第1次緊急輸送路は優先的に無電柱化を推進する必要がある。引き続き積極的に事業を推進していきたい」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

新子安交番廃止へ

新子安交番廃止へ 社会

県警整備計画で2021年度末

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

逆境乗り越え笑顔の金

チアクラブLIPS

逆境乗り越え笑顔の金 スポーツ

全国大会で初の快挙

2月25日号

児童虐待対策へ支援拠点

横浜市

児童虐待対策へ支援拠点 社会

神奈川区など10区に来年度

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

商店主がプロの技伝授―横浜市神奈川区でまちゼミ

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク