神奈川区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

「新聞名古屋城」を制作 神奈川工業定時制の4人

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
完成間近の模型を囲む生徒ら
完成間近の模型を囲む生徒ら

 神奈川工業高校定時制建設科に通う生徒4人が現在、新聞紙だけを使用した名古屋城の模型づくりに取り組んでいる。生徒たちは「定時制の力を見せたい」と、10月27日(日)に行われる文化祭に向けて急ピッチで作業を進めている。

 「修学旅行で訪れた名古屋城が改修工事中だったので、自分たちで再現しようと思った」。模型づくりは、同校定時制建設科4年の正木知樹さんと大山晃輝さん、島崎隆一郎さん、高原渉さんの4人が、課題研究として半年前から週3時間をかけて制作している。前任校で指導経験がある吉川平教諭がアイデアを与え、生徒たちが実践してきたものだ。

100分の1スケール

 ミニ名古屋城(高さ1・3m)は、写真を見ながら実際の100分の1のスケールで制作中。特長は「新聞紙だけで作っていること」。一枚一枚手作業で丸め、接着剤で貼り合わせた材料を使用している。

 「繊維の方向を考えて巻くことがコツ。1000本以上は丸めました」と材料担当の島崎さん。天守閣を担当する正木さんは「切り込みを入れながら曲線を作ることが難しい」と力説。石垣を担当する大山さんは「凹凸を再現するのに苦労した」と話し、高原さんは「立体感が出るように新聞の色を選んでいる」と、トレードマークの「シャチホコ」も金色の部分を使って上手に再現した。

文化祭で展示

 新聞名古屋城は、10月27日に開催される同校の文化祭「二溪祭」で披露される予定となっている。全日制と同時開催のため、定時制フロアには毎年ほとんどお客さんが来ないという。

 吉川教諭は「普段はあまり目立たない定時制の生徒たちの取り組みを見てもらいたい」と来場を呼びかける。
 

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

県文化祭で最優秀賞

捜真女学校放送部

県文化祭で最優秀賞 教育

ビデオ部門で全国へ

12月5日号

J1復帰決まる

横浜FC

J1復帰決まる スポーツ

2007年以来13年ぶり

11月28日号

日本PTA表彰に区内2校

日本PTA表彰に区内2校 教育

子安小と中丸小 独自取組が評価

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進めざし独自開発

11月21日号

青染めで昇格後押し

サッカーJ2横浜FC

青染めで昇格後押し スポーツ

最終戦で1万人にシャツ配布

11月21日号

消費増税「影響わずか」

大口通商店街六角橋商店街

消費増税「影響わずか」 経済

ポイント還元後に不安も

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク