神奈川区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の 名取 正暁さん 三ツ沢出身 57歳

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena

斬新な発想をかたちに

 ○…火災現場では、少し前までそこにあったはずの温かい生活が思い起こされ、胸を痛めてきた。「注意すれば防げる火災も多い」との思いで、次世代を担う子どもたちに防災の大切さを訴える絵本の原作を書き上げた。日頃から訴えることで救われる命がある―。東日本大震災の際に津波被害を受けつつも多くの子どもが無事だった「釜石の奇跡」の話で実感した教訓だ。「絵本は世代を超えて残るもの。就学前から伝えたら、その子が大人になった時にも心に残るのでは」

 ○…消防職員だった父に影響を受け、22歳で入庁。現場をはじめ、消防学校の教官、企画課など様々な職務に従事してきた。中でも開発途中だったみなとみらい21の都市計画や、市民の安全を守るため新たな発想で取り組んだ経験は、様々な切り口から考える姿勢を育んだ。「もしかしたら仕事で培ったものが、絵本のイメージを膨らませる発想の原点になったのかもしれないね」と笑う。

 ○…三ツ沢小・松本中で学んだ生粋のはまっ子で、三ツ沢公園のひょうたん池でザリガニ釣りや木登りをして遊ぶ活発な少年だった。中学生の時にギターの魅力に目覚めると、高校では軽音楽部に所属しバンドを結成。コンサートにも数々足を運び、伝説のロックバンド・クイーンやデビューしたてだったサザンオールスターズ、メジャーになる前のオフコースらの歌声に酔いしれる貴重な日々を過ごした。

 ○…趣味は一眼レフカメラでの写真撮影と、ウクレレ。自然の風景を撮るのが好きで、一年に一度は撮影のための旅行に赴き、息をのむような美しい情景をカメラに収める。「向き不向きより前向き」がモットー。消防人生の集大成に近づく今もなお、「最後までチャレンジ精神で臨みたい」

YCAT40周年記念イベント

豪華賞品もあたる企画。11月23日(土)港北東急S.Cで開催!

http://www.ycat.co.jp/news/page.php?id=1364

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

神奈川区版の人物風土記最新6

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク