神奈川区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

「ひとつのプレーを全力で」 桐蔭高・森選手が入団会見

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)

 横浜DeNAベイスターズの新入団選手会見が11月22日、西区のホテルで開かれ、今年のドラフト会議で1位指名を受けた桐蔭学園高校(青葉区)3年の森敬斗選手が初めてユニフォーム姿を披露した。

 森選手は「ひとつのプレーで試合展開が変わり、見られ方も変わることがある。一つひとつが重要なので、常に全力で臨みたい」と力を込めた。また憧れの選手を聞かれると、同校出身でプロ野球でも活躍している鈴木大地選手(30歳)を挙げ、「人として尊敬のできる先輩。自分も見習い、10年、20年と活躍できるようでありたい」と話した。

 会見には森選手のほか、同じくドラフトで指名を受けた6選手も出席。社会人からの入団はなく、7人中4人が高校生というフレッシュな顔ぶれで、三原一晃球団代表は「チームは今年、2軍の施設やコーチを充実させ、育成に力を入れている。ここにいるのは、1軍に上がってきてほしい将来のスター選手たち」と紹介した。

高城捕手は1年半ぶり復帰

 また同月19日には、約1年半ぶりの古巣復帰となる高城俊人捕手(26歳)の入団会見が中区の球団事務所で開かれた。

 高城選手は2011年にドラフト2位でベイスターズに入団し、1軍でも活躍したが昨年トレードでオリックスバファローズに移籍。その後、同球団を戦力外となり、今回の契約に至った。「一度は戦力外になった身。新入団と同じ気持ちで緊張感をもって、投手からの信頼を得ていきたい」と語った。

新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手
新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手

神奈川区版のローカルニュース最新6

コーヒー通じ地域交流

神大生有志

コーヒー通じ地域交流 文化

31日から淹れ方講座

1月23日号

集合住宅再生セミナー

市住宅供給公社

集合住宅再生セミナー 社会

23管理組合が参加

1月23日号

どんど焼きで無病息災願う

どんど焼きで無病息災願う 文化

松見町の八幡神社で

1月23日号

キャッシュレス決済の仕組み

キャッシュレス決済の仕組み 経済

28日、区で消費生活教室

1月23日号

コーラスの祭典

コーラスの祭典 文化

2月8日、神奈川公会堂

1月23日号

美術と演劇の融合展

美術と演劇の融合展 文化

2月4日から、フェイアート

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 文化

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

相模鉄道100年展

横浜駅東口「原鉄道模型博物館」で12/23まで開催。12000系模型が走行中

http://www.hara-mrm.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク