神奈川区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

市社協が寄付相談窓口 案内板を専門学生製作

社会

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
案内板を手にする市社協の中村香織常務理事(中央左)と笹原さん(右から3人目)ら専門学校の学生
案内板を手にする市社協の中村香織常務理事(中央左)と笹原さん(右から3人目)ら専門学校の学生

 市社会福祉協議会は12月2日、寄付に関する相談窓口を中区桜木町の同会内に設置した。窓口案内板は横浜デジタルアーツ専門学校=港北区=の学生がデザインした。

 市社協に「寄付で地域に貢献したい」といった申し出が増えたことから窓口を設け、福祉施設などの寄付先や手続き法、専門機関などを詳しく紹介できるようにした。

 市社協は市共創推進室を通して、寄付報告書の改訂を同学校に依頼しており、その中で窓口案内板も作られることになった。「今日から寄付はじめます。」と書かれた案内板をデザインした笹原りなさんは「これで寄付が広がってくれれば」と話した。ほかの学生がデザインした報告書などは来年度に配布される。

 寄付相談窓口への問い合わせは【電話】045・201・8620。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク