神奈川区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

食の仕掛け人 納豆職人とコラボで製造 道志大豆を使い

社会

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
企画した太田さん
企画した太田さん

 (株)横浜ビール元社長で食のプロデューサーとして活動する太田久士さんと、区内唯一の納豆職人・中村五郎商店の中村弘さんがコラボし、「横浜ハッピー納豆」をこのほど完成させた。

 これは、横浜の水源地である山梨県道志村の在来種「道志大豆」を知った太田さんが、「この良質な素材を使って、現代の食のあり方を問えるような商品を作りたい」と昨年10月頃から企画したもの。後継者不足などで失われつつある職人の技術を活かしたいと、区内唯一の納豆職人である中村さんに協力を仰ぎ、こだわりの品に仕上げた。

 この納豆の特徴は通常よりも大粒であること。薄い木片の経木に包んで販売するため大豆が呼吸し続けるので新鮮なままで、歯ごたえを感じられるものになっている。中村さんが一人で手掛ける希少品のため、1週間に約100個の製造で390円(税込)だ。

 太田さんは「安心安全な食材を使って、心を込めて作りました。消費者・生産者・販売者の皆がハッピーになり、良いものを絶やさないということを考えるきっかけになれば」と思いを語る。

 問い合わせは太田さん【メール】ohtahappyplanning@hotmail.comへ。

こだわり抜いた納豆
こだわり抜いた納豆

神奈川区版のローカルニュース最新6

バスの魅力を映像で

市交通局

バスの魅力を映像で 社会

10月20日まで作品募集

10月14日号

三ツ沢の自然を体験

三ツ沢の自然を体験 社会

24日 妙深寺境内の森で

10月14日号

駅直結シニア住宅開業

駅直結シニア住宅開業 経済

新綱島で2023年秋

10月14日号

福祉の仕事に出会う

福祉の仕事に出会う 社会

パシフィコで就職フェア

10月14日号

コロナ禍でも「生徒と共に」

コロナ禍でも「生徒と共に」 教育

私立学校協会の理事長に聞く

10月14日号

陽性者累計4764人に 横浜市神奈川区

【Web限定記事】新型コロナ

陽性者累計4764人に 横浜市神奈川区 社会

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(前 参議院議員 前 財務副大臣)を任命

    10月14日号

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員 前財務副大臣)を任命

    10月7日号

  • コロナ禍から命と生活を守るために

    市政報告

    コロナ禍から命と生活を守るために

    横浜市会議員 竹内 やすひろ

    10月7日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook