神奈川区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

若竹大寿会 「総合介護システム」を開発 実証実験スタート

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 社会福祉法人若竹大寿会(竹田一雄理事長)=本部・平川町=はこのほど、介護現場の負担軽減と質的向上を目指す「総合介護システム」を自社開発した。

 介護の現場は「業務の記録に追われる」「夜間巡視の負担が大きい」「鳴り続けるナースコールに手が回らない」など、スタッフに過度な負担が強いられている。

現場の声を反映

 こうした現状を克服しようと、同法人はこれまで、トヨタ生産方式をベースにした業務改善の取り組みを実践してきた。さらなる改善を図るため、1年前に竹田理事長をリーダーとする8人のプロジェクトチームを発足。日々多忙を極める現場の職員の声をくみ上げながら、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)を活用した業務支援システムを開発した。

 同法人は12月23日から、青葉区にある介護老人福祉施設で実証実験を開始した。オリジナルの端末で利用者の脈拍や血圧、呼吸、体温、体動、睡眠、歩数などを定期的に計測し、データを自動保存するなどのシステム運用が始まっている=イラスト。介護スタッフは「精神的にも余裕ができた。空いた時間をサービスの向上にいかしていきたい」と感想を話す。

 市の生産性向上パイロット事業でもある同システムによる業務改善の取り組み。同法人は、2月末までの検証結果を受け、南区の新施設で正式運用を始める方針だ。

神奈川区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

セブン4店舗に回収機

ペットボトルリサイクル

セブン4店舗に回収機 社会

5月7日号

利用者1割「メタボ改善」

ウォーキングポイント

利用者1割「メタボ改善」 社会

市、昨年の利用状況発表

5月7日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

5月7日号

砂田川をスイスイ

砂田川をスイスイ 文化

鯉のぼり100匹群泳

5月7日号

神奈川区内事故発生状況(3月後半)

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter