神奈川区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

六角橋北町 名もなき坂に愛称を 住民投票で決定へ

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 六角橋北町自治会(森勤会長)は、場所を説明する際のランドマークとなる店舗が減少していることを受け、町内にある坂や通りに名前を付ける「北町 道の愛称プロジェクト」への取り組みを開始した。小学生や近隣住民から募った名称を踏まえ候補を絞り込み、2月9日に住民投票を行って正式決定する。

 同地域には以前、商和会という商店街があり、80〜90軒の店舗が軒を連ねていた。当時はこうした商店が場所を説明する際の目印となっていたが、現在その数が減少。それに伴い、地震や火災などの発災時や、道に迷ってしまった場合に、場所の説明が困難となることが懸念されていた。

 こうした状況を踏まえ同自治会の防災部では、町内の坂や通りに名前を付ける試みを昨年6月から本格始動。今回はトライアルとして3つの道に絞り、住民投票で愛称を定めることを決めた。

 アイデア募集はすでに実施されており、神橋小学校の児童や近隣住民から全111案が寄せられた。これらを選考委員会が検討し、絞られた各道3つずつの候補から正式名を決めるための住民投票が、2月9日(日)に北町自治会館で行われる。時間は午前10時30分〜午後3時。当日来場できない人向けに、2月1日(土)から8日(土)まで事前投票もある。この結果を考慮し選考委員会の検討を経て、3月10日に回覧板などで発表される予定だ。

神橋小も協力

 対象となる道に神橋小の通学路も含まれていることから、同校もこの取り組みに協力した。自治会役員が地域学習の授業に赴きこの試みを説明。近隣神社の宮司から昔の話を聞くなどして地域理解を深めた上で、名称のアイデア出しを行った。

 森会長は「小学校を絡めて展開できたことで、ご家庭にもこの取り組みを知ってもらう機会になり広がりと厚みが出た。地域の皆さんが覚えやすく、言いやすい名前を付けて、普段から慣れ親しんでもらえたら」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

「偽造」見抜き逮捕貢献

横浜銀行大口支店職員

「偽造」見抜き逮捕貢献 社会

免許証「光の反射に違和感」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

大賞に精華小の大澤さん

鎌倉文学館こども文学賞

大賞に精華小の大澤さん 文化

夏の思い出、独創的な詩に

11月19日号

積小為大、栄誉の受章

秋の褒章

積小為大、栄誉の受章 文化

黄綬の2人「支えあってこそ」

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク