神奈川区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

協進印刷 感染予防絵本 医師らと共作 10カ国語の翻訳版も

社会

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena
イラストで感染予防法を解説
イラストで感染予防法を解説

 大口仲町の協進印刷が医師や学者らと協力して、新型コロナウイルスの感染予防法をまとめた絵本『感染予防のために、できること。』とポスターを制作した。日本語をはじめ各国の現地医師らが翻訳して全11言語でのWEB配信も行われており、多くの人に情報が届くよう動きが広がっている。

 制作にあたったのは、同社社員の竹見正一さんと、SNS上でつながるグループメンバー7人。コロナウイルスが猛威を振るう中、「不安を感じている人々に日常で心掛けられる感染予防法を伝えたい」と、WHO事務局長上級顧問で英国キングス・カレッジ・ロンドン教授の渋谷健司さんが発案し、医師や国立国際医療研究センター研究員、デザイナーらの協力で実現した。

 一刻も早く人々に情報を届けようと渋谷さんが一晩で書き上げた原案に、目を引くカラフルな色彩と可愛らしい絵をデザイナーの徳間貴志さんが1日で施し、1週間ほどの短期間で印刷製本された。

 絵本やポスターに記されている対策は「よく寝る・よく食べる・ひんぱんに手を洗う・目鼻口をさわらない・咳のしぶきを飛ばさない(ティッシュや袖でかくす)・利き手であちこちさわらない・運動をする・かぜ気味なら休む」の8つ。世界中に感染が広がっていることから、日本語以外にも英語・イタリア語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・チェコ語・スロバキア語・ヘブライ語・繁体字に翻訳されている。

 印刷製本に携わった竹見さんは「WEBで情報を得られない方のためにモノとして届けたいと印刷物にした。見えないウイルスは確かに怖いが、ポスターや絵本を見て意識的に生活することで少しでも多くの方が過剰な不安から逃れられたらいいと思う」と話した。

 ポスターは同社HPから無料でダウンロードできる。絵本は1冊60円。購入希望や問い合わせは同社の竹見さん【電話】045・431・6611。

神奈川区版のトップニュース最新6

横浜空襲の記憶後世に

横浜空襲の記憶後世に 社会

体験者ら招き報告会

5月28日号

事業者に個別で感染対策

感染症専門医の河野医師

事業者に個別で感染対策 社会

自粛後の生活様式を考案

5月28日号

ひとり親家庭 食で支援

【Web限定記事】

ひとり親家庭 食で支援 社会

飲食店店主ら 弁当無料提供

5月21日号

生活困窮者の相談窓口開設

【Web限定記事】

生活困窮者の相談窓口開設 社会

県、かながわ県民センターに

5月21日号

野菜も「ドライブスルー」

つま正

野菜も「ドライブスルー」 社会

行き場のない青果に活路

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク