神奈川区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 生活困窮者の相談窓口開設 県、かながわ県民センターに

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
11日に開設した相談窓口
11日に開設した相談窓口

 県は、新型コロナウイルスの影響で仕事や生活などに影響が出ている人を対象に、ワンストップで相談を受け付ける専用窓口を鶴屋町のかながわ県民センター内に開設した。

 同センター10階にあるボランティアセンター内に設けた「生活支援総合相談窓口」では、相談の内容に応じて「くらし」「すまい」「しごと」の3つのブースを用意し、県の担当職員が個別相談に応じる。失業や収入の減少などで困窮している人に向けた支援制度や職業紹介機関の紹介をはじめ、住居を失った人や失う恐れがある人には、県営住宅の一時提供に関する説明などを行っている。

 県福祉子どもみらい局によると、11日の開設以来1日10件ほど、多い日で20件近い相談が寄せられているという。直接来所する以外に、電話とファクスでの相談も受け付けている。

 利用時間は平日の午前10時から正午、午後2時から4時まで。

宿泊施設の情報を提供

 県では、一時的な居所を失うなど住まいに関する支援が必要な人に、安価な料金で利用できる宿泊施設の紹介も行っている。

 素泊まり1泊3000円以下で利用が可能な個室などの条件を満たした事業者を、県のホームページ上で紹介。施設名や住所、宿泊料金、利用可能期間などを確認できる。

 問い合わせは生活支援総合相談窓口【電話】045・312・1867/【FAX】045・210・8859/横浜市神奈川区鶴屋町2の24の2かながわ県民センター10階ボランティアサロン内

神奈川区版のトップニュース最新6

ひとり親家庭 食で支援

【Web限定記事】

ひとり親家庭 食で支援 社会

飲食店店主ら 弁当無料提供

5月21日号

生活困窮者の相談窓口開設

【Web限定記事】

生活困窮者の相談窓口開設 社会

県、かながわ県民センターに

5月21日号

野菜も「ドライブスルー」

つま正

野菜も「ドライブスルー」 社会

行き場のない青果に活路

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

飲食店、原則禁煙へ

改正健康増進法

飲食店、原則禁煙へ 社会

市、主要駅周辺で確認調査

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月27日号

お問い合わせ

外部リンク