神奈川区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

5月の住居確保給付金申請 昨年度総数の7倍超える

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena

 収入が減少し、家賃が払えなくなった人に対して自治体が家賃相当額を支給する「住居確保給付金」について、横浜市内の5月の申請数が1000件を超える見通しとなることが分かった。昨年度の年間申請数の7倍以上で、新型コロナウイルスの流行により経済的な打撃を受ける人が急増している現状が浮き彫りになった。

 住居確保給付金は、要件を満たせば原則3カ月(最大9カ月)の家賃相当額を自治体から家主に支給する制度で、コロナ禍による困窮者支援のため、厚生労働省は「離職・廃業から2年以内の人」という支給条件を4月20日から拡大。休業などで収入が減った人も対象に加え、収入や勤務日数が減少した会社員や派遣社員、フリーランスも申請できるようになった。

 求職活動要件の緩和や郵送での受け付けも開始し、相談数の増加に伴い、厚生労働省は5月21日から相談コールセンターを設置している。

 市健康福祉局の担当者によると、昨年度の申請数は138件で、制度開始から年間100件前後で推移していた。今年は緊急事態宣言に伴う自治体の休業要請以降申請が急増し、4月は455件、5月は千件を超える見通しという。

生活保護申請も急増

 生活保護の申請も増加している。市内で4月に生活保護を申請した人は930件で、前年同月の638件から急増。5月は743件(速報値)で、前年の692件から約50件増えた。

 担当者は「(5月の増加率鈍化は)宣言解除が見えてきたこと、各種給付金や補助金が徐々に回り始めてきたからではないか」というが、相談件数は4月が3468件(前年同月比1・5倍)、5月は2647件(同1・1倍)と、予備軍も拡大傾向だ。

 近年は高齢者の受給者が増えていたが、直近では現役世代の申請も目立つ。「失業や休業に直面し、初めて相談に訪れる人が多かった印象」とし、各区で全般的に増えており、地域差はないという。

 生活保護や住居確保給付金の問い合わせは、各区役所生活支援課でも受け付けている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

保育の方向性共有

保育の方向性共有 教育

大学教授が講演

10月15日号

エントリー始まる

28回横浜環境活動賞

エントリー始まる 文化

10月15日号

自然の中で遊ぼう

小学生まで対象

自然の中で遊ぼう スポーツ

10月25日、入江町公園

10月15日号

100周年カレンダー発売

市営交通

100周年カレンダー発売 経済

1500冊限定で

10月15日号

デイ施設で認知症カフェ

デイ施設で認知症カフェ 社会

患者や家族の交流機会に

10月15日号

「仮面女子」大鈴さんが防犯呼び掛け

2代目おおだこポリス

「仮面女子」大鈴さんが防犯呼び掛け 社会

京急線駅等ポスター掲出

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク