神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

横浜市 コロナ関連寄付 2376万円集まる

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は3日、新型コロナウイルス感染症対策として贈られた寄付金・物資の状況を発表した。寄付金は5月31日時点で約2376万円、物資は222件(6月4日時点)だった。

 市ではふるさと納税の寄付メニューに「新型コロナウイルスに関する医療対策・感染症対策を応援」を4月28日に追加。配合飼料の製造や販売を行うフィード・ワン=鶴屋町=による500万円の大口寄付など法人10件、個人181件が集まった。市内外の内訳は市内170件、市外21件。寄付金は医療・福祉・介護・保育施設への資機材の給付や患者受入医療機関への奨励費などに活用されている。

 マスク約82万4000枚や消毒用アルコール約1500リットル、防護服、フェイスシールドなどの物資は、市が医療機関や社会福祉施設などに分配する。市の担当者は「たくさんの寄付をいただきありがたい。必要としている施設へしっかりと届けたい」と話した。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク