神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

斎藤分小児童 新たな日常?Web学級会 神大生も加わり交流活発

教育

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
大学生との交流を楽しむ児童
大学生との交流を楽しむ児童

 斎藤分小学校の5、6年生児童と神奈川大学の学生が、Web会議アプリ「ZOOM」を活用して交流を深めている。

 新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置で学校に通えない日が続いた児童の保護者が、当初は子どもたちの交流機会になればと大型連休明けから「ZOOM学級会」として学年ごとに企画した。6年生男児の保護者・石川澄江さんが大学側に声を掛けると、人間科学科の齊藤ゆか教授のゼミ生やボランティア活動支援室の学生らも協力。地域の小学生と大学生の交流に広がった。

 ZOOM学級会には、5年生の約半数、6年生は3分の1ほどが参加。オンライン環境が整っていれば誰でも参加できる気軽さもあり、不登校気味の児童も加わることができたという。回数を重ねるごとに交流の仕方を学び、今では参加児童が自らホスト役を務めることもある。

 大学生とのオンライン通話は5月下旬から順次スタート。パソコンの前に座り緊張した面持ちの児童も、絵しりとりなどのアイスブレークを通じて次第に打ち解けた様子だった。

 石川さんは、「春に転校してきた児童も参加してくれ、休校明けにクラスに溶け込みやすかったという話も聞きました。(協力してくれた大学生と)リアルで会うことを最終目標に、今後もオンラインでの交流を細く長く続けていきたい」と話している。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク