神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

横浜市6月補正 PCR検査3月までに7200件 医療・中小支援など187億円

政治

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
横浜市庁舎
横浜市庁舎

学校再開、教育支援手厚く

 横浜市は12日、総額187億円を計上した2020年度一般会計の6月補正予算案を発表した。医療体制の強化▽経済・暮らし対策▽「新しい生活様式」への対応と学校再開支援を柱に据え、新型コロナウイルス対策を急ぐ。

 来年3月までに最大7200件のPCR検査を行うなど、流行の第2波・第3波に備えた医療体制強化を軸に55億7400万円を充てる。検査費の自己負担分に対して最大5850円を助成するほか、外出が困難な人への往診による検査体制を整備。診療所がPCR検査を行う際の院内感染防止対策にかかった経費を補助するなど、地域での受診体制も強化する。

 経済・暮らし対策(94億8300万円)では、客席の個室化やパネルの設置、検温機器の導入などで感染防止に取り組む中小企業に最大30万円(個人事業主15万円)を助成。低迷する観光のV字回復に向け、旅行代理店が販売する旅行商品代金の一部助成などで4万3000人の利用を、オンライン販売による宿泊商品にクーポンを付与する施策で1万7000人の宿泊を目指す。感染リスクが続く状況下での妊娠・出産・子育て支援には13億9200万円を投入。分娩前のPCR検査費を助成するほか、特定不妊治療費助成の対象に感染症の影響で所得が減少した世帯を加える。

 「新しい生活様式」への対応と学校再開支援(36億7700万円)では、児童生徒の教育支援に重点を置く。退職教員や教職課程の学生などを活用して一人一人の学習定着度に応じた指導を行うほか、臨時休校による学習の遅れを補う放課後学習支援に向けたボランティアを全小中学校に配置。未指導領域の補習や少人数学習などを担当する支援ボランティアも希望校向けに派遣する。

 財源は74億円を国費、16億円を県費で賄い、市費98億円のうち85億円は国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用する。23日に開会した市会第2回定例会に提出する。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク