神奈川区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

神奈川消防署 けが予防へ3者スクラム 浴場・薬局に冊子配架

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
けが予防冊子と指差し救急ボードを手渡した
けが予防冊子と指差し救急ボードを手渡した

 神奈川消防署は、救急車の適正利用に向けてけがの予防対策をまとめた冊子の配架を始めた。転倒などの事故は入浴時に発生することが多いため、区内6軒の浴場が加盟する浴場組合との連携に着目。地域医療に携わる薬局を束ねる薬剤師会の協力も得ることで、幅広い世代にけがの予防を呼び掛ける。

 入浴時ののぼせや転倒による事故が考えられる公衆浴場と、人々の健康を支える薬局に依頼し、市消防局が製作した冊子『ケガの予防対策』を7月末までに各団体の加盟店舗に配置。台数に限りのある救急車を重傷者対応にあてるため、119番通報の適正利用につなげる。

 協力店には、同署が昨年作った「指差し救急ボード」も設置。イラストが描かれたボードには体調を表す言葉が日本語や英語、韓国語など6カ国語で記され、会話による意思疎通ができない外国人などの体調不良をいち早く察知できる。

 不要不急の119番通報は、1分1秒を争う命を救う救急活動にとって大きな問題になっている。同署では昨年度、21万2395件の救急出動に対して住宅内での転倒・やけどなどの一般負傷(急病・交通事故・労働災害を除く)の搬送数が3万7859件と全体の約18%を占め、前年比で3・9%増加した。

 消防職員は「多くの方に冊子を見ていただき、けがを未然に防ぐことにつながれば」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

注文率20%超える

市立中給食

注文率20%超える 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

「片倉元気に」商店主奮闘

「片倉元気に」商店主奮闘 社会

にぎわい創出、アイデア多彩

4月22日号

危険なバス停 区内に15カ所

危険なバス停 区内に15カ所 社会

国交省の調査で

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter