神奈川区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

総合庁舎前バス停 復活求め住民署名 市民病院利用者など「不便」

社会

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena
「この辺りにバス停があった」という場所を示す下村さん
「この辺りにバス停があった」という場所を示す下村さん

 かつて国道1号線の広台太田交差点付近に設置されていた横浜市営バスのバス停について、周辺住民が「復活」を求める署名運動を行っている。2007年まで運行していた路線の廃止に伴い撤去されたが、今年5月にJR東神奈川駅西口と横浜市立市民病院を結ぶ路線が新設されたことで、当時あったバス停の再設置を求める声が上がったことがきっかけだ。

 横浜市交通局路線計画課によると、東神奈川駅と旧市民病院、横浜駅西口を結ぶバス路線「114系統」は1979年に運行を開始したが、利用者の減少や似通った路線があることを理由に07年に廃止。広台太田交差点付近に設置されていた「神奈川区総合庁舎前」バス停も撤去された。

 今年5月の市民病院移転を機に、市では病院へのアクセス強化を図るために東神奈川駅と病院間を運行する「88系統」を新設。しかし、114系統時代にあった神奈川区総合庁舎前のバス停は設置されなかった。

 署名運動の発起人・下村誠子さんは、かつてあったバス停の復活を市に要望しようと、付近の住民に限定した署名運動を8月から開始。88系統の発着地となる「東神奈川駅西口」バス停と次の「東横反町駅前」バス停は区間が長く、「どちらのバス停からも離れた場所に住むお年寄りの中には、市民病院へ通院するために東神奈川駅までタクシーを利用してバスに乗り換えるなど、不便を強いられている人もいる」と下村さんは話す。

 バス停の新設には、交通管理者である地元警察や道路を管轄する土木事務所との協議や地先交渉が必要になるが、同課は本紙の取材に対し、「市民からの要望が一定数あるのであれば、新たに停留所を設ける可能性は十分ある」と対応に前向きな考えを示した。

 一方で、交差点や横断歩道から近く事故のリスクが高い「危険なバス停」問題の解消といった課題もあることから、「警察などと相談して設置場所を十分に検討し、歩道の植栽整備やダイヤ改正などを経た上でということになる。まずは地域の要望をしっかりと聞きながら検討していきたい」と話した。

 下村さんによると、署名は8月29日現在で162人分集まっており、9月上旬に林文子横浜市長宛に提出するという。

神奈川区版のトップニュース最新6

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

9月24日号

87歳 空き箱でアート

87歳 空き箱でアート 文化

環境保護の思い伝える

9月24日号

協進印刷が企業大賞

横浜環境活動賞

協進印刷が企業大賞 社会

区内から3企業・団体受賞

9月17日号

障害者理解の意識養う

神奈川小児童

障害者理解の意識養う 教育

パラアスリート田中選手招き

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ コミュニティ社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

大神(おおかみ)商店会、発足

大神(おおかみ)商店会、発足 社会

大口・神之木エリアが中心

9月10日号

羽沢保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://www.hazawa.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク