神奈川区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

大神(おおかみ)商店会、発足 大口・神之木エリアが中心

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
発足総会に集った小野寺会長(中央手前)とメンバー
発足総会に集った小野寺会長(中央手前)とメンバー

 区内に新たなまち組織「大神商店会」(小野寺知恵会長)が8月27日に誕生した。大口・神之木・入江・子安・松見・西寺尾の広範囲を対象エリアとし、”新しい時代のまちづくり”をテーマに、古き良きものを守りつつコロナ後の新時代に沿った展開を考案する。

 発起人であり会長の小野寺知恵さんは、入江のトータルケアサロン・オアシスデラーナの代表。長年大口通に居住し子育てや商売を行う中で、地域の繋がりの大切さを感じてきた。地域活性を図ろうと、5年以上前から商店街に属していない外側の店舗でライブやマルシェを開催するなどコラボ企画を試みてきたが、まち全体に取り組みを広げたいと模索してきた。

 商店会発足の活動源となったのは、新型コロナウイルスの流行で落ち込むまちを元気にしたいとの強い思いだった。コロナの影響で経済的打撃を受ける店舗や企業、先が見通せず買い物さえままならない地域住民たちに少しでも光がさしてほしいと、模索の中で温めていた「新しいまちづくりプロジェクト」を知人の県商店街派遣コーディネーターに提案。その後、県商業流通課の担当者にプレゼンし、わずか2カ月の急スピードで発足に至った。スターティングメンバーには12の店舗と事業所が集った。

新たな時代のまちづくり

 大神商店会の名は、大口と神之木の地名から取っており、「神」には神奈川県・区の意味も込めた。地域住民に親しみをもってもらおうと通称「オオカミタウン」と名付け、神の道案内を行ったとされるオオカミをまちのキャラクターにしていく方針だ。さらに、まちの活動に参加するオオカミ大使を年1回公募する計画もあるという。

 コロナ後の新たな時代に合わせ、今後展開していきたいとしているのが、10代や20代の若者にまちを知ってもらうための青年部の立ち上げと、現地でのリアル催しとオンライン配信を組み合わせたイベントの開催だ。若者をはじめ多くの人の自由な発想を取り入れながら、フェイスブックや動画共有サイトなどのメディアを活用してまちを盛り上げるイベントが完全中止に追い込まれないよう工夫を凝らす。

 小野寺会長は「コロナ禍に発足したからこそ、昔から受け継がれてきたものを守りつつ、新しい時代に則した商店会でありたい」と話す。

神奈川区版のトップニュース最新6

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

9月24日号

87歳 空き箱でアート

87歳 空き箱でアート 文化

環境保護の思い伝える

9月24日号

協進印刷が企業大賞

横浜環境活動賞

協進印刷が企業大賞 社会

区内から3企業・団体受賞

9月17日号

障害者理解の意識養う

神奈川小児童

障害者理解の意識養う 教育

パラアスリート田中選手招き

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ コミュニティ社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

大神(おおかみ)商店会、発足

大神(おおかみ)商店会、発足 社会

大口・神之木エリアが中心

9月10日号

羽沢保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://www.hazawa.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク