神奈川区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

「オールトヨタ」で献血支援 県内各社 9月に480人分

社会

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena
感染症対策を取った献血バス内で献血を行う様子
感染症対策を取った献血バス内で献血を行う様子

 新型コロナウイルス感染症の流行で献血者数が減少する中、神奈川トヨタ自動車=神奈川区=や横浜トヨペット=中区=など7社からなる「神奈川県オールトヨタ販売店」が献血に力を入れている。県赤十字血液センター=港北区=の献血バスを受け入れ、従業員が業務の合間を縫って協力。9月の1カ月間で481人が献血を行った。

 各社では以前から社会貢献の一環として献血活動を続けてきたという。今春以降は企業や学校などに献血バスを配車する機会が激減しているが、4月以降も県内事業所の敷地を提供。7月に日本赤十字社神奈川県支部=中区=と神奈川県オールトヨタ販売店の間で結んだ「連携と協力に関する包括協定」を機に、ひっ迫する輸血医療を支援しようと協力体制を一層強化した。

 9月25日には、神奈川トヨタ自動車が入るビルの駐車場に2台の献血バスを配車。同社の呼び掛けで他社の従業員らも訪れるなど、1日で81人の献血につながった。

 トヨタ自動車国内営業部神奈川地区担当の平野義孝さんは「献血は自分の体一つでできる社会貢献。血液の不足で大きな手術を延期せざるを得ないケースがあるともいわれる中、多くの方々に献血に関心を持っていただけたら」と話した。

 同センターによると、献血バスの配車状況は5月が計画の178会場に対して半数となる89会場にとどまり、6月も計画の40%(74会場)、7月は32%(59会場)にまで落ち込んだ。県内では1日あたり約900人の献血協力が必要とされるが、5月以降の平日は必要献血者数に届かない日が続いているという。

神奈川区版のローカルニュース最新6

2例目の女性本部部長に

有田美智代さん(羽沢町) 神奈川消防団

2例目の女性本部部長に 社会

10月22日号

タンゴ、本場の音色で魅了

バンドネオン奏者 平田さん

タンゴ、本場の音色で魅了 文化

10月22日号

三ツ沢でハロウィーン

三ツ沢でハロウィーン 文化

10月31日、小中学生対象

10月22日号

妊婦向け食育講座

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月22日号

地区センなど区内7カ所で

フードドライブ

地区センなど区内7カ所で 経済

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク