神奈川区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

みどりと水を守り育てる地域環境向上委員会の委員長を務める 伊藤 忠房さん 菅田町在住 82歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

菅田の財産、後世に伝える

 ○…地域で環境保全などの取り組みを行っている個人や団体、企業などを表彰する横浜環境活動賞で実践賞を受賞した。「一人一人が地道に活動に取り組んできたたまもの。メンバーの皆さんに感謝したい」と喜ぶ。

 ○…菅田町を流れる砂田川に空き缶やペットボトルが投げ捨てられているのを見かね、菅田東自治会長に就任した2003年に有志で清掃活動を始めた。16年、地域の緑化に取り組もうと地域環境向上委員会を設立。「街なみ花物語事業」と名付け、菅田道路沿いのバス停周辺に花や緑を植える取り組みを続ける。「きれいな花を見てもらうことで、環境を良くするための活動に関心を持ってもらえたら。私は花より団子派でしたが、今では季節の花を愛でるのが楽しみ」と笑う。

 ○…幼少期、砂田川は格好の遊び場だった。「夏は裸になって水遊びを楽しんだものです。魚やドジョウも取れたし、近所のおじさんからはウナギがいると教えてもらって驚いたこともありました」と懐かしむ。生まれ育った菅田町の豊かな自然を後世に守り残すことは、自身の使命でもあると感じている。「私たちが取り組んでいることが、地域の子どもたちにも受け継がれていけばうれしいですね」

 ○…自宅隣の畑で手塩にかけて育てた野菜は、自宅の敷地内に建てたマイホームで暮らす息子家族にも振る舞っている。「5歳と2歳の孫は、うちで取れたオクラが好物だというんです。人参もしっかり食べるみたいですし、育てた甲斐がありますよ」と目じりを下げる。近所にある池上小学校の登下校を見守る活動に10年以上携わるなど、地域の児童ははわが子同然の存在。今なお続く世代を超えた交流は、豊かな自然にも劣らない菅田の財産でもある。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://takeuchi.180r.com/

<PR>

神奈川区版の人物風土記最新6

宿本 諒太さん

F1を戦うY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを務める

宿本 諒太さん

区内在住 29歳

6月10日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

6月3日号

高橋 正規さん

神奈川区いまむかしガイドの会の会長を務める

高橋 正規さん

戸塚区在住 70歳

5月27日号

長谷川 慶さん

4月に結成したスーパーカー・スポーツカーコミュニティ(SSC)神奈川代表の

長谷川 慶さん

青木町在住

5月20日号

塚本 幸治さん

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した

塚本 幸治さん

神奈川区在住 43歳

5月13日号

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter