神奈川区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

新型コロナ 留学生、75%が「困窮」 自治体などの支援「ない」94%

経済

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 県内に在住・在学する外国人留学生の75%が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で経済的に困窮していると感じていることが、かながわ国際交流財団=鶴屋町=の調査で分かった。

 新型コロナの流行による休業措置などが留学生の生活に与えた影響を調べるため、7月1日から28日にウェブアンケートを実施。大学や大学院、日本語学校に通う中国、台湾、ベトナム、韓国、ネパール国籍などの237人から回答を得た。

 経済状況について「生活費がない」という留学生は40%で、「学費も生活費もない」(22%)、「学費が払えない」(13%)を合わせると75%に上った。アルバイトの影響について「シフトが減らされた」(27%)、「なくなった」(20%)、「長く休みになった」(16%)が60%を超えた一方、27%が「アルバイトをしていない」と回答した。

 生活費を家族からの仕送りに頼っている留学生は52%だった。留学生がアルバイトを行う際は資格外活動許可を得る必要があるが、就労時間に制限があるため仕送りに頼らざるを得ない実情があると同財団は見ている。

 自治体やボランティアから生活支援があったかどうかについては、94%が「いいえ」と回答。国の定額給付金以外の支援を実感している留学生は乏しく、「すごく心配なので、助けをもらいたいです」「政府からは留学生たちにもっと手伝ってほしいです」という切実な記述回答もあった。

 新型コロナにより経済的打撃を受けた学生に最大20万円を支給する「学生支援緊急給付金」で、留学生にのみ出席率や前年度の成績評価などの条件が設けられたことについて、33%が「明らかな差別」と回答。「成績条件は知っているがよく分からない」(16%)、「成績条件があることを知らない」(11%)といった回答から、給付制度に不満を持ったり制度を十分理解していなかったりした留学生が一定数いたことも明らかになった。

神奈川区版のローカルニュース最新6

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

11月19日号

県内書家30人の作品展示

県内書家30人の作品展示 文化

25日から横浜市民ギャラリー

11月19日号

自然の中で遊びを満喫

自然の中で遊びを満喫 社会

ボーイスカウトが指導

11月19日号

「農家直営」マルシェ人気

「農家直営」マルシェ人気 社会

羽沢町 20軒が野菜販売

11月19日号

住職の妻の「おてらしばい」

なごみ庵

住職の妻の「おてらしばい」 文化

元舞台女優の経験生かし

11月19日号

区に要望書提出

横浜商議所北部支部

区に要望書提出 経済

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク