神奈川区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する 桜井 大地さん 六角橋在住 21歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

若者目線で地域に貢献

 ○…学生の社会奉仕を支援する神奈川大学学生ボランティア活動支援室で1年間代表を務め、11月に引退する。コロナ禍の中でも若者目線の活動を全う。六角橋地域の有志や学生によるまちづくり団体「まち×学生プロジェクト」では多くの企画が中止に追い込まれる中、アルバイト収入が減り経済的に困窮する学生に食料を配布する支援事業「まちSHOKU」を、区社会福祉協議会などの協力を得ながら実現させた。

 ○…大学入学前はボランティア経験はなかったが、先輩から「今までにない新しい体験ができる」と勧められて同支援室に入った。1年生からプロジェクトの定例会に参加するうちに地域との繋がりが深まり、楽しさから活動にのめり込んだ。思い出深い取り組みに挙げる「神大マルシェ」では、店舗への出店依頼や来場者を増やすための告知チラシ作りなどを通して、「地域の方の協力を得ながら普通の大学生活ではできない社会経験が積めた」と誇らしそうに振り返る。

 ○…中学までは白球を追ったが、高校生になると山岳部に所属して地元新潟などの山々に登った。山頂にたどり着くまでの道中は「しんどい」が、その先にある自然の雄大な景色と達成感を味わえるのが醍醐味という。副代表として部員たちをまとめた経験が、チームワークの大切さを教えてくれた。

 ○…来春の卒業を控え、将来進む道を考える岐路に立つ。プロジェクトで支援してくれた区役所や社会福祉協議会の職員のように、地域と直接関わる仕事がしたいと、第2の故郷である横浜で行政職員を目指す。モットーは「温厚篤実」。”自分よりも他人を優先する”思いやり溢れる姿で、周囲を温かく照らす。

神奈川区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月21日号

多田 七望さん

六角橋地域で初開催されたクリスマスパレードの実行委員長を務めた

多田 七望さん

西神奈川在学 19歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

日光 萌花さん

六角橋地域で開催された「キャンドルナイト」の実行委員長を務めた

日光 萌花さん

六角橋在学 21歳

12月17日号

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク