神奈川区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 コロナ禍でこそ 安心社会を下支え 横浜市会議員 竹内やすひろ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

認知症疾患医療センターの拡充

 2025年には高齢者の5人に1人が認知症と推計されています。公明党は、「認知症疾患医療センター」設置推進を継続して訴えてきました。

 このセンターでは保健医療や介護機関などと連携を図りながら、認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症への急性期治療、専門医療相談などを行い、さらに地域保健医療・介護関係者に研修を実施します。

 昨年12月には横浜市内18区でほぼ2区1か所体制となり、神奈川区エリアでは済生会横浜東部病院が対応しています。引き続き全18区設置に向けて取り組みます。

 また、国でも公明党が主導し「認知症基本法案」の議論を進めています。誰もが適切な支援が受けられる体制の構築を目指して参ります。

小児医療費助成の拡充

 公明党は、1歳以上の子どもに設けられている小児医療費の所得制限を撤廃し、すべての子どもを助成対象とすべきと主張してきました。本年4月からは1、2歳児が所得制限撤廃になります。

 今後は3歳児以上のさらなる緩和と合わせて、小児医療費助成制度を18歳まで拡大するよう求めています。同じ医療を平等に受けることができるよう、本来全国一律の制度にすべきと考えますが、それまでは、横浜市において着実な制度の拡充を求めて参ります。

横浜総合病院を視察
横浜総合病院を視察

竹内 やすひろ

〒221-0002 神奈川区大口通127-16 コスガビル1F

TEL:045-716-6822

http://takeuchi.180r.com/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

コロナ危機から県民の命と暮らし、地域経済を守る

県政報告

コロナ危機から県民の命と暮らし、地域経済を守る

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

1月1日号

感染拡大防止の取り組みを進めます

市会レポート

感染拡大防止の取り組みを進めます

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

1月1日号

コロナ禍でこそ 安心社会を下支え

市政報告

コロナ禍でこそ 安心社会を下支え

横浜市会議員 竹内やすひろ

1月1日号

希望の持てる年に

市政報告

希望の持てる年に

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

1月1日号

横浜市における GIGAスクールの取組

市会レポート

横浜市における GIGAスクールの取組

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク