神奈川区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

横浜市 「防災マンション」を認定 設備・活動の両面で評価

社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の次年度の事業計画によると、市は台風・豪雨などの風水害や大地震などに備え、新たに「地域防災力向上マンション認定制度」を導入する。建物の耐震対策や地域住民と防災協力を行うマンションを評価・認定し、自助的な防災活動を推進したい考えだ。

 地域防災力向上マンション認定制度は、建物の耐震・火性、地域との防災訓練実施の有無などで評価されるもの。マンション周辺地域も含めた防災力向上が目的。被災時、防災拠点への人の集中を避ける狙いもある。

 現在、横浜市では約6割の世帯がマンションなどの共同住宅で暮らす。東日本大震災や一昨年の大型台風による風水害など、災害が激甚化・頻発化する中、市は同制度をきっかけに防災力向上に取り組むマンション管理組合の支援を行う。

6段階で認定

 認定基準はハード・ソフト面合わせて計6段階で、基本項目を満たすことでそれぞれ星1つを取得できる。地域との協力体制をつくることで星が増え、認定を受けたマンションはプレートを掲げることができる。市では、認定を受けたマンションに備蓄庫の床面積が容積率に算入されなくなる特例を設定することも検討。容積率の規定で、備蓄庫などの新設が難しいマンションにとってメリットとなる。

 市は認定マンションをホームページ上で公開するほか、星の取得に取り組む管理組合に対し防災アドバイザーの派遣も検討。認定制度の周知は今年夏ごろに開始され、秋以降に申請が始まる予定。市は初年度は2、3件、次年度からは年間5件程度の認定を想定している。市建築局の担当者は「あらゆる災害に備えが必要。マンションだけでなく、地域との協力体制をつくる初めの一歩になれば」と期待する。

合意形成が鍵

 市内のマンション管理組合理事は「これまでも防災備蓄庫の設置や防災トイレの準備を進めてきた。認定という目に見える形になるのは良い」と話し、「マンション内での防災組織の結成やマンション外の地域との連携など、組合内での合意形成も必要」と話した。

神奈川区版のトップニュース最新6

還元金額5%にとどまる

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%にとどまる 経済

利便性に課題か

1月20日号

海中ソーラー 実用化目指す

海中ソーラー 実用化目指す 社会

神大、横浜港で実証実験へ

1月20日号

「つながり」育む1年に

「つながり」育む1年に 社会

日比野区長インタビュー

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

11年ぶり中学生記録樹立

セントラルスイム

11年ぶり中学生記録樹立 スポーツ

短水路800mリレーで

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook