神奈川区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

ベストオブミス 神奈川から学生の頂点へ 区内の保川さん、県代表に

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
襷をかける保川さん
襷をかける保川さん

 「ベスト・オブ・ミス神奈川大会2021」が3月に開催され、区内に住む大学生の保川のどかさん(21)が「ミス・ユニバーシティ」の神奈川代表に選ばれた。今年の10月末頃に予定している日本大会で、ミス・キャンパスの頂点を目指す。

 ベスト・オブ・ミスは、各地区で「ミス・ユニバース・ジャパン」「ミス・グランド・ジャパン」「ミス・ユニバーシティ」の3部門に出場する女性を決める地方選考会。各部門で選ばれた代表者は、それぞれの日本大会に進出する。

 保川さんが出場するミス・ユニバーシティは、大学生と専門学生を対象とした日本唯一の全国版コンテスト。次世代のリーダーを発掘して国際的な活躍のフィールドを広げてもらおうと2019年から始まり、今回は20の地域で実施された。

自分次第で叶えられる

 保川さんは幸ケ谷小、栗田谷中学校出身。市内の高校を卒業し、現在は実践女子大学に通う。昨年迎えた20歳という人生の節目に、「母が同様のコンテストに出ていた経験から、私も挑戦するしかない」と出場を決めたという。

 身長157cmの保川さんにとって身長制限のあるコンテストへの出場は難しいが、ミス・ユニバーシティには規定がない点も挑戦を後押しした。書類審査を経て県代表を決める18人のファイナリストに選出された際は、「周囲と比較することなく、素直に自分と向き合うことができるように」という気持ちが強くなったという。大会関係者も「自分自身や周囲に負けないという内面的な強さが、自信あふれる立ち居振る舞いに表れ、審査員を魅了したのでは」と存在感に舌を巻く。

 秋に予定される日本大会では、各地区から選ばれた20人の代表と肩を並べる。保川さんは「大会を通して、どんな条件、環境でも自分次第で叶えられることがあると伝えたい。そのためにも頂点に輝きたい」と意気込み、神奈川から世界に羽ばたく日を夢見ている。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む 社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

ホップ栽培でビール醸造

神奈川大学

ホップ栽培でビール醸造 教育

キャンパス緑化にも一役

5月27日号

商店街「熱唱」でPR

反町駅前通り

商店街「熱唱」でPR 社会

オリジナルソング考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アロマワックス講座

アロマワックス講座

沢渡三ツ沢地域ケアプラで

6月14日~6月14日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter