神奈川区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

県政報告 コロナ対策に全力を 共産党県議会議員団 代表質問6月21日 上野たつや

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena

ワクチン接種への援助とPCR検査等を幅広く

 4月から高齢者へのワクチン接種が始まりましたが「足が不自由で行けない」「予約ができずこの世から取り残された気持ち」と、ワクチン接種を望んでもアクセスできない方々の訴えを多くの方から伺ってきました。

 ワクチン接種を希望する方が、安心して接種できるよう、県が移動支援の援助を行う必要があると求めました。

 また、学校や保育所などでクラスターの発生が増えています。これまで重症化リスクの低かった10代をはじめとする若年層に変異株の感染が広がっているため、感染封じ込めのためには、ますます対象を広げたPCR検査の重要性が増しています。陽性者が1人でも出た施設では、施設の全員を対象とした集中検査を必ず行うようにするべきと求めました。

ジェンダー平等の視点から見たケア労働の課題について

 コロナ禍の中で、医療、介護、障がい福祉、保育などのケア労働が無ければ、私たちは社会生活を送れないことが浮き彫りになりました。

 ケア労働は、生産性では評価することができないからこそ、公的に、その価値が評価される必要があると考えます。同志社大学大学院の岡野八代教授は、「ケアに関わる労働くらい誰に任せても同じであるとされ、ケア労働そのものが見下されてきた」と、著書で書かれています。

 専門家の方々が語るように、ケア労働は「家庭内で主に女性が担ってきた、専門性の必要ないものである」という考え方が根底に根強く残っているため、その結果、処遇も低く抑えられてきたのではないかと思われます。ジェンダーの問題として捉えているのかどうか、知事の認識を伺いました。

 知事の答弁は、ケア労働の処遇は、ジェンダーの問題ではなく「勤続年数が短いことなどが課題」というものでした。

 しかし、ケア労働者に女性が多く、勤続年数が短い理由はなぜなのかを考えても、「男は仕事、女は家庭」と政策的に作られてきた男女の差別が影響していないとは言えません。ジェンダー問題として認識し、これまでの常識を問い直さないと、ケア労働の本当の意味での処遇改善はできないと考えます。ジェンダー平等の視点での制度改善を求めました。

上野 達也

横浜市神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

https://www.uenotatsuya.com/

横浜アイリス学園

「せんせい、だいすき!」~子育て、心育てを大切に~

http://www.iris.ed.jp/

<PR>

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ対策に全力を

県政報告

コロナ対策に全力を

共産党県議会議員団 代表質問6月21日 上野たつや

7月22日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

市長選、五輪|コロナ禍の懸案について

県政報告

市長選、五輪|コロナ禍の懸案について

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

6月3日号

地域をつなぐ、新時代の商店会

特別対談

地域をつなぐ、新時代の商店会

 自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

市民の声を議会へ

市政報告

市民の声を議会へ

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter