神奈川区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

自殺予防デー 周囲の理解促す契機に 協進印刷が啓発冊子

社会

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
TALKの原則を紹介する冊子
TALKの原則を紹介する冊子

 世界自殺予防デーの10日、協進印刷=大口仲町=が神奈川区と横浜市こころの健康相談センターに啓発冊子を寄贈した。

 身近な人の悩みに気付いて必要な支援につなげる「ゲートキーパー」の重要性を伝えるもので、カナダの医療グループが提唱する「TALKの原則」を紹介。TALKは「Tell」「Ask」「Listen」「Keep Safe」の頭文字で、心配していることを言葉で伝える、つらい気持ちを汲みながら相手の気持ちに寄り添い言葉に耳を傾ける、刃物や薬物などから遠ざける――、といった接し方のポイントをまとめた。

 自殺というテーマを扱うことからあえてポップで明るいデザインにし、愛らしいキャラクターが原則を呼び掛けるストーリーにした。江森克治社長は「周囲の人が、もっとお互いに気遣っていこうというメッセージを込めた。社会不安や職を失ったことが原因で亡くなる人の数を、人間の力で抑えることができたら」と話し、監修した同センターの白川教人センター長は「コロナ禍により誰もがストレスを感じやすい状況。こんなときだからこそ、自殺対策や心の健康について市民一人一人が自分のこととして考えほしい」と啓発の重要性を語った。

 冊子は3千冊を制作し、駅や区役所各課、地域ケアプラザ、地域包括支援センター、公立小中学校、民生・児童委員などに配布される予定。

 同センターによると昨年の全国の自殺者数は11年ぶりに増加し、横浜市でも前年から60人増えて550人だった。

神奈川区版のローカルニュース最新6

災害時の救援車両を贈呈

神福協

災害時の救援車両を贈呈 社会

日本赤十字社に対し

11月25日号

反町でグループ写真展

反町でグループ写真展 文化

自由なテーマで28日まで

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

人気のフリマ開催

11月27日

人気のフリマ開催 社会

東横フラワー緑道フェスタ

11月25日号

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区

【Web限定記事】新型コロナウイルス

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区 社会

11月25日号

原油高で相談窓口

原油高で相談窓口 経済

市、中小企業対象に設置

11月25日号

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook