神奈川区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

片倉の商店街「復活を」 地元店主が呼び掛け

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
当時の法被に身を包みチラシを持つ佐藤さん
当時の法被に身を包みチラシを持つ佐藤さん

 片倉町にあった商店街を復活させようと、地元の佐藤テレビ音響社店主・佐藤誠さん(62)が奮闘している。「片倉を元気に」を合言葉に周辺の商店などに加入を呼び掛け、来年初旬の設立を目指す。

 片倉町を南北に貫く新横浜通り沿いにはかつて「片倉町商和会」という組織があり、佐藤さんによると昭和50年代のピーク時には40軒ほどが加盟していた。しかし高齢化や後継者不足などで廃業する店舗が増え、商和会の運営が困難となり活動を休止。シンボルだったアーケードも2015年に撤去された。

 父の徳昭さんが西区で創業し、1999年に片倉に移転した電器店の二代目として商売を続ける佐藤さんは、地元の活性化に向けてかねてから商和会の復活を望んでいたという。その思いは昨年から続くコロナ禍で一層強くなり、「行政の支援を受ける際には団体としての基盤があったほうがいい」と考えている。

 今年度、県の商店街魅力アップ事業補助金の申請が採択されたことを契機に活動を本格化。商和会復活を知らせるチラシを作り、片倉町入口交差点から市営地下鉄片倉町駅までの通りにある150軒ほどの事業所に手配りしたところ、10軒以上から賛同の声が上がった。10月まで入会の呼び掛けを続け、来年初旬の総会で立ち上げる予定だ。

 設立後はホームページの開設や空き店舗の活用、3年前から有志で企画しているイベント「大丸ストリートフェスタ」の開催などを通して、地域住民に商和会の存在をアピールしたいという。佐藤さんは「ここ数年で新しい店も開店し、子育て世代も増えている。商店街という人を呼び込む機能が生まれれば、片倉がもっとにぎわうと思う」と話している。

神奈川区版のローカルニュース最新6

災害時の救援車両を贈呈

神福協

災害時の救援車両を贈呈 社会

日本赤十字社に対し

11月25日号

反町でグループ写真展

反町でグループ写真展 文化

自由なテーマで28日まで

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

人気のフリマ開催

11月27日

人気のフリマ開催 社会

東横フラワー緑道フェスタ

11月25日号

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区

【Web限定記事】新型コロナウイルス

陽性者累計4802人、前週から1人増 横浜市神奈川区 社会

11月25日号

原油高で相談窓口

原油高で相談窓口 経済

市、中小企業対象に設置

11月25日号

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook