神奈川区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

神奈川区民文化センターかなっくホールで10月30日にソロリサイタルを行う 會田(あいた) 瑞樹さん 東京都在住 32歳

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

打楽器の可能性広げたい

 ○…かなっくホールで創作・発表などを行うレジデントアーティストに今年度から就任。打楽器奏者として、30日には同ホールで鉄琴の一種ヴィブラフォンのソロリサイタルを行う。「音楽も我々の生命も儚いものだからこそ美しく、尊いということを表現したい」と公演を前に意気込む。

 ○…4歳から母の勧めでバイオリンを習い始めたが、「自分より上手い子はいっぱいいたし、才能がある方ではなかった」と振り返る。レベッカやビートルズ、クイーンなど愛聴していたバンドでもドラムの音色に魅力を感じていたことから、自然と打楽器に引かれるようになった。高校2年生で管打楽器ソロコンテストに出場した際、他の出場者が木琴のマリンバなどを演奏する中スネアドラム1つでパフォーマンスを披露。「小太鼓1つで何ができるのか」と言わんばかりの好奇の眼差しを向けられながらも、演奏が終わると聴衆の心をつかんだ。「たった4分間でその場を覆せたのが、ソロとしての表現の可能性を感じた瞬間だった」

 ○…コロナ禍で公演の中止が続いた中、新たにのめり込んだのは料理の世界。料理動画をきっかけに見よう見まねで魚も捌くようになり、今では気分転換も兼ねて毎日のようにキッチンに立つという。揚げ物や火の通り具合なども「音」から感じ取るといい、「結局好きな音楽からは離れられない」と笑う。

 ○…「打楽器からはこんな音が出るのか、こんな表現ができるのかという可能性を知ってほしい」と、昨年からインターネットで演奏や公演を配信するなど新たな表現の形を模索している。「海外との交流など舞台を広げながら、”人間の感情”を表現した叙情的な演奏を届けていきたい」と高みを目指す。

神奈川区版の人物風土記最新6

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月20日号

篠崎 順一さん

「亀の甲せんべい」にまつわる歴史をまとめ、2冊の資料を刊行した

篠崎 順一さん

神奈川図書館在勤 63歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

梶原 昂希さん

プロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから6位指名を受けた

梶原 昂希さん

神奈川大学野球部 22歳

1月1日号

吉川 七海さん

六角橋で開催されたクリスマスパレードのリーダーを務めた

吉川 七海さん

川崎市在住 21歳

12月16日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook