神奈川区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

横浜市成人式 3万6千人が門出 昨年に続き分散開催

社会

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
会場となる横浜アリーナ
会場となる横浜アリーナ

 横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が、1月10日に開催される。昨年に続き新型コロナウイルス対策として4回に分けて実施。市内の新成人は3万6373人で、神奈川区は2217人。(2021年11月1日現在)。

 国内最大級の規模を誇る横浜市の成人式は、例年横浜アリーナ=港北区=を会場に午前・午後の2回制で行われていたが、昨年はパシフィコ横浜ノース=西区=を加えた2会場で計8回の分散開催となった。今年は会場を横浜アリーナの1会場に戻し、18区を4グループに分けて実施する。

 式典は各回30分で、【1】午前10時〜【2】午後0時10分〜【3】2時20分〜【4】4時30分〜。神奈川区の新成人は午前10時からの回に参加となる。

 式典では、新成人の誓いや市長のあいさつに加え、国歌と市歌の斉唱は行わず静聴。横浜市のホームページでは、当日の式典の様子のライブ配信も行われる。

 企画や進行は、公募で集まった市内在住の新成人13人からなる記念行事実行委員会が行う。本番に向け、6月の顔合わせから準備を進めてきた。今年のテーマとなる「人生100年時代 AM4:48」は、100年を1日の長さに置き換え、20歳を迎えた際の時刻を表したものという。実行委員長の齋藤夕羽希(ゆうの)さんは「苦しいことやつらいこともあるかもしれないが、まだ日の出を迎えるくらい。未来にはたくさんの可能性や出会いが待っているんだと、新成人に勇気や元気を届けたい」と話している。

 実行委員会企画ではメンバーたちがオリジナル動画を作成し、各回の開始1時間前から会場で放映される。

 式典に関する問い合わせは横浜市教育委員会【電話】045・671・3282。

神奈川区版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

東儀秀樹コンサート 文化

秦野市で3月5日

1月20日号

「介護大賞」支援で感謝状

「介護大賞」支援で感謝状 社会

神奈川福祉事業協会などに

1月20日号

無病息災、炎に願い

無病息災、炎に願い 社会

八幡神社でどんど焼き

1月20日号

ネット被害防止講座

ネット被害防止講座 社会

反町ケアプラで2月20日

1月20日号

ダンスと打楽器の共演

ダンスと打楽器の共演 文化

かなっくホールで2月10日、11日

1月20日号

キャンペーン23日まで

移動支援アプリ「マイルート」

キャンペーン23日まで 社会

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook