神奈川区版 掲載号:2022年3月31日号 エリアトップへ

市政報告 「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ 日本共産党横浜市会議員 宇佐美 さやか

掲載号:2022年3月31日号

  • LINE
  • hatena

新年度予算案が成立

 横浜市会は、3月23日の本会議で、山中竹春市長が年度予算として初めて編成した2022年度一般会計予算案が可決、成立しました。山中市政誕生に尽力した日本共産党市議団は、市長を支え、市政を前に進めるという責任を果たす立場から、同予算案に賛成しました。

市長公約実現へ庁内検討スタート

 昨年8月の市長選で市長が公約した「中学校給食の全員実施」と75歳以上の敬老パス自己負担ゼロ、子どもの医療費ゼロ(0歳〜中学生)、出産費用ゼロ(基礎的費用)の「3つのゼロ」は、実施に向けて庁内で検討することになりました。

 党市議団は、公約全てを一気に実現することは無理でも、出来るところから実行することが市民の期待に応える道として、中学校給食調査費計上、未就学児の小児医療費助成所得制限の撤廃、市民税非課税者の敬老パス自己負担金の半減化、出産費用5万円の独自助成などを審議の中で提案しました。

中期4か年計画で位置づけると明言

 山中市長は、中学校給食と「3つのゼロ」については今年策定予定の中期4か年計画で位置づけると明言し、コロナ対策では、感染症対策・健康安全室を設置、64人を増員し、保健所等の体制を強化します。

 予算案は▽子どもたちの未来を創る▽生涯生き生きと活躍できる▽ゼロカーボン横浜--を前面に掲げ、関係予算を増やしています。ここに、横浜を住み続けたい街、事業者に選ばれる街にしたいとの市長の決意が表れています。また、市長選前に「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」と締結した政策協定書という市民との約束を守る姿勢も見えます。

市民の力を集めて市長公約実現を

 自民党、公明党から、「中学校給食は現制度の発展が最適」「3つのゼロは財源がない」「公約は無責任だ」と市長批判の声が止みません。議会は両党が過半数を占めており、市長公約を実現する道のりは決して平坦ではありません。しかし、多くの市民は公約の実現を願っています。市民の力を結集する取り組みを強めて市長を後押しすることが本当に必要です。

 党市議団は、この春、市民要望アンケート活動を全世帯規模で行います。市政を前に進めるために、多くの皆様のアンケートへのご協力よろしくお願いします。

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

市政報告

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

公共建築物の維持保全の取り組み

市会レポート

公共建築物の維持保全の取り組み

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook